いまロード中
×

春季リーグ終幕!グッドマナー賞、徳田が優秀選手賞に輝く

春季リーグ終幕!グッドマナー賞、徳田が優秀選手賞に輝く

◇令和5年度関西学生春季リーグ戦◇第6日目◇対龍大◇5月7日◇YMITアリーナ◇

●関大3ー4龍大
[S1]石橋●1ー3
[S2]黒田●0ー3
[S3]徳田◯3ー0
[W1]徳田・藤原◯3ー0
[S4]藤原◯3ー2
[S5]榎●1ー3
[S6]佃●0ー3

2勝4敗で迎えた最終戦。龍大との一戦に挑んだ。昨秋リーグでは、大接戦の末に敗北したため、なんとしてもリベンジを果たしたいところ。

トップバッターは石橋愛理(人3)。速い球のラリーを制し、第2ゲームを奪ったものの、第1、第3ゲームは相手に与えてしまう。第4ゲームでは、6ー10で先に相手のゲームポイントになったが、2連続得点で相手に迫る。そのまま勢いに乗りたいところだったが、逆転を恐れた相手がタイムを要求し、試合は中断。タイムをうまく使われ、そのまま相手の勝利となった。

△石橋

黒田さくら(安全3)女子主将は、ゲームを追うごとに差を縮めるなど粘りを見せる。第3ゲームでは、リードしていたものの逆転され、ストレート負けを喫した。

△黒田

3番手は徳田明梨(人3)だ。全ゲームを通して、大差をつけてストレートで勝利。笑顔を見せ、チームに勝利と勢いを与えた。

△徳田

ダブルスには、今リーグで初のタッグを組んだ、徳田、藤原優(商1)ペアが登場。徳田も藤原もスマッシュを決めるなど、果敢に攻める。抜群のコンビネーションで相手を圧倒し、ストレート勝ちを決めた。

△徳田(左)と藤原

藤原と榎花恋(人1)が同時にコートイン。藤原の第1ゲームでは、5ー10と差をつけられていたものの、連続得点で9ー10まで迫る。逆転はできずに僅差で第1ゲームを落とした。一方、第2ゲームはほとんど無失点で奪い返すことに成功。その後、それぞれ1ゲームずつ取り合い、勝敗はファイナルゲームへ。第5ゲームでは、リードしていたが、相手に追い上げられそうになりタイムを要求。うまく生かし、11ー6で勝利を収めた。藤原は1年生ながら全試合に出場。リーグ戦で5勝するなど活躍を見せた。また負けた2戦もファイナルゲームに持ち込んでいる。

△藤原

榎は、第1、第3ゲームを落とすも、スマッシュを決めて第2ゲームを奪った。第4ゲームでは、取っては取られる状態を何度も繰り返す。12ー14で惜しくも負けとなってしまった。

△榎

最後は佃緒夏(情1)。第1ゲームを優勢に進めているように思えた。が、逆転を許し、10ー12でゲームを奪われてしまう。第2、第3ゲームでは、大差をつけられ、ストレート負けとなった。

△佃

龍大に3ー4で敗北した関大。入替戦の有無は、大成蹊大と京産大の勝敗にかかっていた。大成蹊大が勝利したため、関大は入替戦なしでの1部残留を決めた。

個人として今リーグ戦全勝の徳田が優秀選手賞に輝き、関大はグッドマナー賞を受賞した。少ない人数ながら、プレーだけでなく、応援でも全力を出し切った関大卓球部女子。

目標の4位には届かなかったが、昨春リーグで昇格してから、1部の座を守り続けている。1年生も主力として活躍を見せた今リーグ。秋季リーグでは、さらなる成長に期待だ。【文/写真:貴道ふみ】

▼黒田女子主将
「きつい試合もあったんですけど、みんなと一緒にチーム一丸となって頑張れたから、しんどかったけど楽しかったです。特に最後の2戦(対龍大・京産大)は勝たないといけないという風に思っていたので、みんなプレッシャーに感じていたし、しんどかったです。(入替戦なしで1部残留を決めて)とりあえずほっとしました。それはたまたま大成蹊大が京産大に勝ったからで、ちゃんと3勝して安心して残れるように強くなろうとみんなで話し合いました。グッドマナー賞は、エール交換の声とか、チームの応援の雰囲気も含めて評価されるんですけど、エール交換の声もどこよりも出そうと言っていたので、声が大きかったんだと思います(笑)受賞するとは思っていなくてびっくりしたけど、プレー以外でも、少人数だからこそ頑張ろうって。(次の試合までの意気込み)団体戦だったら、今回のリーグ戦で見つかった課題をそれまでに克服っていうのと、個人戦は団体戦とは違うので、一人一人が自分の課題と向き合って普段の練習に取り組んでもらえたらなと思います」

▼徳田
「(優秀選手賞を受賞して)こんなにすごい賞をもらえるのは初めてだったので、すごい嬉しいです。(全部の試合を振り返って)今まで勝ったことがない人に勝ったりできたのは、チームのみんなの応援があったからだと思っているので、みんなに感謝でしかないです。(ダブルスはペアがチェンジしたが)ほとんど練習していなくて、リーグ前に自分が体調を壊しちゃって、シングルスの練習はできたんですけど、ダブルスだと風邪が移ってしまうと思ってできなくて、ぶっつけ本番っていう感じでした。(組んでみて)自分は勝ちたくなったら笑うこととか忘れちゃうから、パートナーに試合中怒っているわけではなくて集中しているから、私のことはあまり気にしないでって言っていて、一緒に戦ってみて、すごくコンビネーションも良くいけたと思います。(今後の目標)秋季リーグでは、もっと自分がエースに当たりにいって、みんながもっと楽に試合できるように、自分が強くなることと、インカレとかでも自分が前半に出て、絶対に落とさないくらい、チームのみんなにプレッシャーがかからないくらい強い選手になれるよう頑張りたいです」

Share this content:

コメントを送信