いまロード中
×

2部降格も、「自分たちの力を発揮した」

2部降格も、「自分たちの力を発揮した」

◇令和5年度関西学生春季リーグ戦◇第6日目◇対同大◇5月7日◇YMITアリーナ◇

●関大0ー7同大
[S1]人見●1ー3
[S2]窪●1ー3
[S3]小林●2ー3
[W1]津村優・人見●1ー3
[S4]香川●0ー3
[S5]園家●1ー3
[S6]津村優●0ー3

全敗で迎えた春季リーグ最終日。1部で戦えることを証明すべく最終戦に臨んだ。対するは、昨秋リーグ5勝2敗で下した同大だ。

人見航希(社2)が先陣を切る。第1ゲームを7点差をつけて奪い、好調な滑り出しを見せたかのように思われた。しかし、第2、第3ゲームを連取され、形勢が逆転。取り返したい第4ゲームでは、果敢に手を伸ばし球に触れるがオーバーミスが相次ぐ。6ー9でタイムを要求するも、追い上げることができないまま黒星を挙げた。

△人見

2番手は窪優世(情4)。第1ゲームでは先にゲームポイントになるも、5連続得点を許しデュースに持ち込まれた。1点を返す度、雄叫びを上げて喝を入れる。勢いをつけた窪はそのまま第1ゲームを奪う。しかし第2ゲームでは差をつけられて、第3、第4ゲームはともに8ー11で負けとなった。

△窪

続く3番手を任されたのは、リーグ初日、2日目に出場した小林莉久(経3)。持ち前のペン粒を活かして戦う。第1ゲームはデュースになるも、ネットミスで相手にゲームを与える。ゲームを奪われては奪い返すのを繰り返し、フルゲームの戦いとなった。最終ゲームでは相手が優勢にゲームを進めていたが、タイムをうまく使い、9点で同点に。先にゲームポイントになったのは小林だったが、オーバーミスやネットミスで10ー12で惜しくも敗北となった。

△小林

ダブルスの津村優斗(社4)と人見ペアは、相手選手に苦しめられた。差を埋められないまま第1ゲームを落とす。第2ゲームでは8点で同点に持ち込むが、逆転することはできず。シーソーゲームを繰り広げた第3ゲーム。8ー10であと1点取られれば、ストレート負けとなる。ここから怒涛の4連続得点で逆転し、1ゲームを取り返した。第3ゲームの勢いをそのままに、第4ゲームではリードを守る。しかしネットミスや相手の強い球が打ち上がってしまい、あっという間に同点まで追いつかれた。タイムも要求したが、相手に傾いた流れを止めることができず、負けを喫した。

△人見(左)と津村

シングルス4番手に香川真哉(経3)が選出され、リーグ戦初出場を果たした。第1ゲームでは、ほとんど太刀打ちできないまま終えてしまう。変わって第2ゲームからは、相手のスマッシュにも粘り強く返球し、得点できるように。ストレート負けとなったが、笑顔でプレーし、試合を楽しんでいた。

△香川

5番手に園家凌太(シス理4)主将。第1ゲームでは10点目まで一進一退のゲームを繰り広げた。そのまま、2連続得点で第1ゲームを奪う。第3ゲームではデュースになるも点を取り切れず、2ゲーム連取を許した。第4ゲームでは8点差をつけられてゲームを落とし、負けてしまった。

△園家

ラストにはエースの津村が登場した。全ゲームを通して、相手に主導権を握られてしまう。激しいラリーが展開されたが、勢いづいた相手を止められず、ストレート負けを喫した。

△津村

全敗で最下位となり、2部に自動降格となった関大。園家主将は、「今の自分たちの実力なので、受け止めて、また1部に上がりたい」と締めくくった。秋季リーグで2部優勝し、1部最短復帰を目指し、来春は1部に返り咲く。【文/写真:貴道ふみ】

▼園家主将
「今回のリーグは上位を目指して、チームの目標を設定していたんですけど、全敗して2部降格という結果になってしまって。でも、どの試合も自分たちの力を発揮したので、これが今の自分たちの実力なのかなと悔しいですけど受け止めて、また1部に上がって来られるように頑張っていきたいです。秋季リーグで2部優勝して、また来年の春には僕たち4年生はいないですけど、戻って来られるように頑張ります。今日の試合をやる前に2部降格は決まってしまったので、後輩たちに1部で今後勝って欲しいとの思いから、経験のために出していないメンバーを今日は出してみようとなりました。秋季リーグまで試合が連続して続くので、今回見えた改善点であったり、自分の良かったところを各自で反省して、どんどん次の試合に向けて頑張っていきたいです」

Share this content:

コメントを送信