いまロード中
×

強豪、関学大に完敗

強豪、関学大に完敗

◇令和5年度関西学生春季リーグ戦◇第5日目◇対関学大◇5月6日◇YMITアリーナ◇


●関大0ー7関学大
[S1]人見●1ー3
[S2]西村天●0ー3
[S3]窪●0ー3
[W1]津村優・人見●2ー3
[S4]園家●0ー3
[S5]津村真●0ー3
[S6]津村優●1ー3

僅差で敗北する苦しい試合が続き、勝ち星を挙げられていない関大。昨年度、春秋リーグともに無敗で優勝を果たした強豪・関学大と相まみえた。

トップバッターは人見航希(社2)。高校時代の同期との対決となった。第1ゲームではかなりの差をつけられたが、第2ゲームからは互角に戦えるように。5ー10で先に相手のゲームポイントになるも、果敢にスマッシュを決め、5連続得点で脅威の追い上げを見せる。しかしサーブミスで第2ゲームも奪われた。流れに乗った人見が相手を圧倒し、大差をつけて第3ゲームを取る。第4ゲームはデュースにもつれ込む大接戦となったが、11ー13で負けとなってしまった。

△人見

2、3番シングルスの西村天翔(情1)と窪優世(情4)。窪は第1ゲームで、どんな球でも拾うなど攻めたプレーを見せたが、11ー13でゲームを奪取される。西村天、窪ともにストレート負けを喫した。

△西村天
△窪

ダブルスは津村優斗(社4)と人見ペアだ。ほとんどデュースにもつれ込む、接戦となった。第1ゲームを危なげなく奪ったものの、第2ゲームは12ー14の大接戦の末に落としてしまう。お互いに第3、第4ゲームをそれぞれ取り、結果はファイナルゲームへ。スマッシュを決めたり、長いラリーを制したりして得点を重ねる。あと1歩のところまで迫った第4ゲームは、オーバーミスを引き金に、悔しい逆転負けとなった。

△人見(左)と津村

園家凌太(シス理4)と津村真斗(社1)が一緒にコートに入り、ここから2試合同時に試合が行われた。津村真は10点差を広げられた場面もあったが、5連続得点する強さを見せる。園家、津村真ともにストレートでの負けとなった。

△園家
△津村真

ラストは津村優。関学大に一撃を与えたいところだ。第1ゲームはネットミスなどが相次ぎ、差を埋めることができないまま第1ゲームを奪われる。第2ゲームでも相手の流れが止まることはなく、早々に6点差をつけられた。しかし取られてばかりではない。反撃に出て、猛追して第2ゲームを取り返す。第3、第4ゲームでは、左右に球を打ちつけて相手を揺さぶるなどした。が、開いた差を埋める間にタイムを使われ、そのまま逃げ切られてしまった。

△津村優

関学大に0ー7で完敗した関大。残るは同大との1試合のみだ。2部降格は免れないが、関大らしく最後まで戦い抜く。【文/写真:貴道ふみ】

▼園家
「今回は厳しい試合が続いてしまって、負けが続いているんですけど、まだ最後1試合残っているので、腐らずに戦って1勝をもぎ取りたいです。どの試合も勝てそうな試合でもあり、負けてしまうような試合でもあるというか。3点は取れてもあと1点が取れないという状況が毎試合続くので、そういった中で、津村優、人見にはがんばってもらっているなと感じていて。チームが勝利に向かって最後まで応援していたので、悪い点は全然ないです。どの試合も、チームが負けたとしても最後までチーム全体で応援できていたというのは関大のいいところだと思います。(最終戦に向けて)これまで全敗で、同大は上位なので、1勝をもぎ取って、1部で関大はやるんだぞっていうところを見せたいです」

Share this content:

コメントを送信