いまロード中
×

大成蹊大にリベンジ果たし2勝目!

大成蹊大にリベンジ果たし2勝目!

◇令和5年度関西学生春季リーグ戦◇第4日目◇対神戸松蔭大・大成蹊大◇5月5日◇YMITアリーナ◇

[第1試合]
●関大2ー5神戸松蔭大
[S1]佃●0ー3
[S2]徳田◯3ー2
[S3]藤原◯3ー1
[W1]徳田・石橋●0ー3
[S4]黒田●0ー3
[S5]榎●0ー3
[S6]石橋●0ー3

[第2試合]
◯関大5ー2大成蹊大
[S1]徳田◯3ー0
[S2]黒田◯3ー0
[S3]佃●1ー3
[W1]徳田・石橋◯3ー1
[S4]石橋◯3ー1
[S5]榎●2ー3
[S6]藤原◯3ー0

午前に神戸松蔭大、午後に大成蹊大との2試合が行われた。第1試合の相手である神戸松蔭大は、リーグ上位入賞常連校。第2試合は、昨秋リーグで惜しくも3勝4敗で敗北を喫した大成蹊大とのリベンジマッチになった。

シングルス1番手の佃緒夏(情2)。相手はランキング持ちの強敵だ。なかなか思うようなプレーを展開できない。実力を出し切る前に封じ込められ、大差をつけられてのストレート負けとなった。

続く2人目に徳田明梨(人3)が出場した。第1ゲームは10点までリードを守り切ったが、デュースに突入。先に相手にゲームポイントを与えたものの、14ー12のデュースを制した。同じくデュースにもつれ込む展開となった第2ゲームはネットミスで落とす。第3、第4ゲームを1ゲームずつ取り、勝敗はファイナルゲームへ。第5ゲーム序盤は相手に3点差をつけられるも、タイムをうまく使い状況を打破する。逆転勝利でチームに貢献した。

△徳田

シングルス3人目の藤原優(商1)。第1ゲームは藤原が1歩リードしていたが、相手も負けじと後を追ってくる。11点目で逆転されたが、冷静に1球1球リターンし、14-12のデュースを制した。接戦の状態が続いた第1ゲームと変わって、第2、第3ゲームはあっさりと決着がつく。1ゲームずつ取り合い、藤原が有利のまま第4ゲームへ。速い球のラリーが繰り広げられたが、11ー9とデュースには持ち込ませず、チームに勝利を持ち帰った。

△藤原

ダブルスの徳田・石橋愛理(人3)ペア、シングルスの黒田さくら(安全4)、榎花恋(人1)、石橋はそれぞれストレート負けを喫した。

神戸松蔭大との戦いは2勝5敗。気持ちを切り替え、大成蹊大との一戦に臨んだ。

徳田は全ゲーム7点以上の大差をつけて快勝し白星を挙げた。

黒田は第2ゲームで苦戦した様子を見せたが、慎重なラリーを繰り広げデュースを取り切る。相手のタイムにも動じず、最後はスマッシュを決め、ストレートで勝利した。徳田、黒田の活躍でチームは応援も勢いを増す。

△黒田

佃も後に続きたいところ。長いラリーが展開され、どんな球にも食らいついていく。スマッシュも決まり、1ゲームを奪うことに成功したが、攻めるがゆえのミスもあり、僅差で敗北を喫した。

△佃

ダブルスの徳田・石橋ペア。息の合ったコンビネーションで、お互いに頷き合いながらプレーを進めた。徳田のスマッシュや石橋が打ち上がった球を叩き込むなど相性の良さが光る。1ゲームを奪われたものの、3ー1で勝利を収めた。

△徳田(左)と石橋

石橋は僅差ではあったものの2ゲームを連取。相手が流れに乗る前になんとか勝ち切りたい。集中力を切らすことなく15-13の大接戦を制すと、歓喜の声と笑顔があふれた。石橋の勝利により関大の勝ちが確定。

石橋

リーグ戦初勝利を挙げたい榎。しかし2ー3で惜しくも負けを喫する。結果は敗北となったが、逆転する粘り強さと勝負強さを見せつけ、フルゲームまで持ち込むなど健闘した。

△榎

藤原はコートのさまざまなところに返球し、相手を翻弄(ほんろう)。長く続いたラリーも根気強さで制し、ストレート勝利を収め、チームに貢献した。

大成蹊大へのリベンジも果たし、2勝目をつかんだ女子。残り2試合も全力で戦う。【文/写真:貴道ふみ】

Share this content:

コメントを送信