いまロード中
×

甲南大に勝利!

甲南大に勝利!

◇令和5年度関西学生春季リーグ戦◇対甲南大◇5月5日◇皇子が丘公園体育館◇

[S1]
井上●0-2

[S2]
篠原○2-0

[D1]
宮本・石井●0-2

[D2]
篠原・山田○2-0

[S3]
石井○2-0

関大○3-2

ここまで2連敗を喫している女子バドミントン部。今日は甲南大との一戦に臨んだ。勝敗が最後まで決まらない白熱した戦いとなるが、制した。

トップバッターのS1に出場したのは、井上和華(人1)。大きな放物線をえがくラリーが、多く見られる。序盤は互角の戦いを見せたが、徐々に間を空けられ、後を追う展開に。11-21で第1ゲームを落とした。続く第2ゲームは、先制するもコート内に返球を行うことがてきず、失点を重ねてしまう。3連続得点をする粘り強さも見せたが、9-21でこのゲームを落としてしまった。

△井上

S2には、篠原七緒(商3)が出場した。最初に3点先制し、先行するも次第に詰め寄られる。点数を交互に取る状況が続いた。ネット近くでの返球を行えず失点するが、スマッシュを決め得点する。インタバールからは連続得点で大幅に先制。相手の隙をつき21-15で第1ゲームを取った。第2ゲームでは強い打ち込みを続け大きく先行。的確な返球を行うが相手の連続得点で遅れを取るようになる。インターバル後の激しい撃ち合いを、連続得点で制し、21-12でこのゲームも取った。

△篠原

D1へは、宮本亜湖(政策4)・石井志歩(安全2)ペアで挑んだ。序盤は先行するが、徐々に相手に詰められる。ハイタッチで連携をとるも主導権を握られてしまい、10-21で落とした。第2ゲームは、最初から遅れを取ってしまう。しかし、コートを大きく使って諦めずに戦い次第に先行。15点ごろから、交互に点を取り合う展開に。長時間のラリーが続くなか、1歩追いつけず18-21でこのゲームも落とした。

△宮本(右)と石井
△宮本
△石井

D2 へは篠原・山田桜生(政策1)ペアで挑んだ。第1ゲームでは、相手の返球ミスが目立つ。点を交互に取り合うシーソーゲームに。スマッシュの炸裂や、相手のミスで次第に突き放し、21-16でこのゲームを取った。第2ゲームでは後を追う展開になるも、コート際への的確な返球で点を重ねる。意気のあったプレーでデュースに持ち込ませず21-19で勝利した。

△篠原(左)と山田
△山田
△篠原

勝敗を委ねられたS3の石井。両者1歩も譲らぬ戦いを繰り広げる。1点が大事なだけに応援も白熱。21-19で第1ゲームを制した。両者の拮抗(きっこう)した戦いは第2ゲームも続く。選手たちも前のめりになって応援。石井のコートオーバーへの正確な判断で点を重ねる。接戦となり熱い試合を繰り広げるが、慎重に運び、21-18でこのゲームも制した。

△石井

1勝をあげることができた女子バドミントン部。明日からは、女子1部Aブロックとの試合に臨む。【文/写真:中村祐貴】

Share this content:

コメントを送信