いまロード中
×

武庫女大と接戦見せるも黒星

武庫女大と接戦見せるも黒星

◇2023年度関西学生春季リーグ5日目◇対武庫女大◇5月3日◇於・関西福祉科学大学

[前半]関大9-12武庫女大
[後半]関大9-11武庫女大
[試合終了]関大18-23武庫女大

関西の強敵・武庫女大を相手に熱戦を繰り広げた。まずは今リーグで1勝目を挙げたい女子ハンドボール部。序盤に3点差をつけられるも、大きく引き離されることなく背中を追いかける展開に。3点差のまま試合を折り返し、後半。相手の堅いディフェンスを前にシュートをなかなか決めることができない。しかし、中盤には連続得点を決め、巻き返しを図った。両者得点後には歓声が上がるなど、白熱した試合に。健闘したものの、結果は18-23で敗北。チームは悔しくも5連敗を喫した。

前半は相手ボールから始まった。相手の初シュートはGK大西葵(商3)がナイスセーブ。その後、先制点を相手に献上するも、上川華奈(商2)が速攻から1対1を制し関大も1点目を獲得。関大のシュートが決まらない間に、相手に3連続得点を与えてしまう。しかし、石坪彩瑛(社3)や望月瑚雪(法1)がカウントの中振り切ったポストシュートを決め、食らいついた。両者が交互に点を取り合う展開に。

△石坪
△望月

中盤、相手に連続得点取られた直後の、4点差の場面。上川が切り込み、鋭いシュートを決める。そのまま素早いクイックスタートで相手がシュートに持ち込むが、ここはGK大西がサイドシュートを好セーブ。会場を沸かすと、直後に獲得した7㍍スローは村田七奈子(法4)が相手の不意を突いたバウンドシュートでしっかり決めた。

△村田

その後も上川のループシュートや、リバウンドにて石坪のロングパスからサイドの信夫麻希(経4)が得点。2点差にまで詰め寄る。前半終了間際に得点を許し、9-12で試合を折り返した。

△信夫

開始から2連続得点を相手に許すが、小田真子(法2)がポストシュートを決め食らいつく。これ以上点差を開けたくない、守り切りたい場面。ここで、GK大西が1対1のシュートを止めた。中盤は両者とも、堅いディフェンスを展開し、無得点の状況が続く。関大はGK大西のセーブに加え、相手サイドを封じたり、小田が相手にシュートを打たせないなど、好守備を見せた。終盤は上川を中心に得点を決めたが、相手の攻撃を防ぎきることができず。接戦となったが、点差を縮めきれず敗北となった。

△小田
△大西

普段とは違うディフェンスで臨んだ相手。それに対して、「前半でしっかり修正して、後半に挑めたのは良かった」と戎井琴音主将(商4)。試合を通して大きくリードされることはなく、まさに接戦だった。次戦は5月6日に天理大と対戦。チーム一丸となって勝利を狙う。【文:松尾有咲/写真:井藤佳奈・松尾有咲】

▼戎井主将
「(チームはどう臨んだか)私たちの目標が関西リーグ2位なので、今日は絶対に勝つつもりで挑みました。(今日の試合を振り返って)相手がマンツーマンディフェンスという1人につくディフェンスでした。それを初めてされた相手だったので戸惑ったんですけど、前半でしっかり修正して、後半に挑めたのは良かったかなと思います。(武庫女大のディフェンスについて)いつも武庫女大はどちらかというと06ディフェンスとか、たまに(マンツーマンディフェンスを)やるんですけど、まさか前半のしょっぱなからやってくると思わなかったので、私たちも対策不足だったので、今日いきなりでした。(チームで改善していきたいところ)点差が3点差とかに縮まったときにたくさんミスが出てしまったので、そこが私たちの弱い部分だと思います。そこで強気にどんどん仕掛けていけるようにしたいです。(意気込み)これからの試合は全部勝つつもりで、全員で一丸となって戦います」

▼上川
「(今日の試合を振り返って)前半は自分たちがあまり戦ったことのないディフェンスだったので、どうやって責めたらいいのか分からない部分があって、前半は自分たちの中でこの攻めがいいかなと、探りながらの試合でした。後半はこういう時はこうする、と決めていたんですけど、最後は体力が消耗して、しんどくなってきた時のシュートが決まらなかったえす。前半は体力があったので、シュートを決めるまで持っていけていたんですけど、相手の高いディフェンスを相手している内にしんどくなって、シュートを打つのが精一杯になってしまいました。最後は体力の部分が原因だったかなと思います。(後半の苦しい場面、どういう考えでプレーしていたか)点が入らないときに焦って「決めないと」と思ってしまいがちだけど、できるだけ時間を作るということを考えていました。そうすると周りが動いてくれるので、ずっと速いスピードでなくて、急に止まったりすると相手の気が緩んでチェンジミスが起こったりするので、その時に打つみたいな感じです。(自身の調子はどうだったか)スピードは自分の中では乗れてる方の気がするけど、最後は体力がなかったので、決めきるまで調子が持っていけてなかったなと思います。(これから鍛えていきたいこと)間に割っていった時とか、体勢が低くなった時に、そのまま下に跳んでしまってシュートを外すことがあったので、体感とかを鍛えて、低い姿勢で(ディフェンスを)抜いていった時もしっかり上に跳んでシュートを決め切れるようにしたいです」

Share this content:

コメントを送信