いまロード中
×

荒谷好投も1点に泣く。

荒谷好投も1点に泣く。

◇令和5年度関西学生春季リーグ戦第6節◇対同大1回戦◇5月3日◇於・南港中央野球場◇

関 大000 000 000=0
同 大000 000 01× = 1

(関)荒谷、河野―有馬
(同)真野、財原、清野、清川ー辻井

1(一)岑
2(中)中井颯
3(遊)髙田幸
4(捕)有馬
5(三)富山
6(右)藤原太
7(二)佐藤
8(左)田中大
9(投)荒谷

「焦りが出てきて数少ない好機を生かすことができなかった。相手投手が一枚上手だった」と有馬諒主将(商4)。立命大戦から3日。優勝に向けて負けられない関大は、同大との第6節に挑む。リーグ初先発となった 荒谷絋匡(法2)が好投するも打線が援護できず、悔しい完封負け。勝ち点獲得に向けて後がない状況になった。


初回、中井颯良(政策4)が安打を放ち出塁する。その後、盗塁失敗。後続も続かず無得点で終わる。初先発の荒谷は、持ち味の打たせてとる投球で三者凡退の立ち上がりを見せる。 関大打線は相手エース・真野に対してなかなか攻略の糸口を見出すことができない。 3回から6回まで三者凡退のイニングが続く。一方の荒谷は初先発とは思えない落ち着いたマウンドさばきを見せる。

△中井颯
△荒谷


7回表に大きなチャンスを作った。有馬が中安打で出塁。打席には立命大3回戦で本塁打を放った富山雄正(情3)が入る。4球目を右安打とし、1死一、三塁とした。三杉彪真(人4)が申告敬遠を受け満塁に。応援のボルテージも最高潮へ達する。ここで代打・下井田悠人(経2)が送られる。二ゴロのあたりは本塁でアウトとされ、先制とはならず。続く、8番・田中大翔(情4)のところにも代打・名迫佑介(人4)が起用された。関学大2回戦で同点の適時打を放った名迫に期待が高まる。しかし、結果は内野ゴロ。チャンスをものにできずに終わってしまった。

△有馬
△下井田
△名迫


荒谷は7回裏、先頭打者の出塁を許すが、有馬の肩にも助けられ三者凡退に抑える。8回裏、ついに同大が均衡を破った。この回から荒谷に変わり、河野勇真(政策3)が登板。味方の失策により先頭打者が二塁へ到達する。そして、犠打と犠牲フライであっさりと1点を奪われてしまった。

△河野
△有馬


最終回、なんとかして点数を取りたい関大。先頭打者の有馬が死球で出塁する。有馬に変わり、関大が誇る俊足の森田聖士(社4)が代走として起用された。その後、四球で1死一、二塁とするも後続続かず。無念の初戦を落とすことになった。

△森田

だが、リーグ経験が少ない荒谷が7回無失点の堂々とした投球を見せたことはうれしい収穫だ。明日に向けて沈黙した打線が目覚めることができるか。優勝へ向けて目覚めなくては勝利は見えない。まずは、明日の勝利をつかみにいく。【文/写真:永松愛】
▼有馬主将
「(試合を振り返って)立命大戦から中3日ということで精神面でも体力面でも難しい試合となったと思います。(荒谷について)立命大戦の時から思っていましたが、ゲームメイク能力が長けた選手。初先発だったが緊張している様子もなく堂々と本人らしいピッチングをしてくれました。(今日の打線の印象)どのように攻略していこうか考えているうちに少しずつ焦りが目立った印象があります。じっくり攻めることができなかったという点で相手投手が一枚上手だったと。チャンスでどうにか1本が欲しいというところで出ないというところはリセットして明日やっていきたいと思います。(今日の課題について)チャンスで1本が出ないというところですね。こちら側にチャンスが全くなかったわけではないです。チャンスのところで抑え込まれたところが全然良くなかったです。なので試合後、チャンスで確実に1点ずつ得点していこうということを共有しました(次戦に向けて)負けたから落ち込むことはなく、2勝すれば勝ち点を獲得できるので総力戦で臨みたいと思います」

▼荒谷
「(いつ先発を告げられましたか)昨日ですね。言われたからにはやってやるぞという気持ちでした。打者を一人ずつアウトにしていこうと思っていてそれができたので良かったです。(今日の投球で良かったこと)打たせて取ってテンポよく守備にリズムをつけられたことです。(金丸投手と何か話しましたか)昨日の練習でも先発するにあたって初回の気を付け方や二巡目の入り方など教えてもらいました。試合の途中にも裏で声をかけてくれました。教えてもらったことを有言実行できました。(特にどの場面がですか)それこそ初回を打者3人で抑えられたことです。リズムを作れてよかったなと」

Share this content:

コメントを送信