いまロード中
×

3回戦を制し勝ち点獲得

3回戦を制し勝ち点獲得

◇令和5年度関西学生春季リーグ戦第5節◇対立命大3回戦◇於・ほっともっとフィールド神戸◇

関 大 123 000 000=6
立命大 001 000 010=2

(関)金丸、荒谷ー有馬
(立)谷脇、荒井、有馬、遠藤、京極ー星子、加藤

1(一)岑
2(中)中井颯
3(遊)髙田幸
4(捕)有馬
5(三)富山
6(右)藤原太
7(二)佐藤
8(左)田中大
9(投)金丸

優勝へ大きな勝ち点を獲得した。1勝1敗で迎えた立命大との3回戦。関大は3回に富山雄正(情3)、藤原太郎(法3)が本塁打を放つなど序盤に得点を取り、勝利した。

試合は初回から動く。岑幸之祐(社4)が四球を選び出塁。中井颯良(政策4)の中安打、髙田幸汰(商4)の犠打で好機を拡大する。有馬諒主将(商4)の内野ゴロの間に三塁走者の岑が生還し先制する。1回戦に続く登板となった金丸夢斗(文3)が登板。右翼手・藤原太の好捕にも助けられ、三者凡退に抑えた。

△中井颯
△金丸


2回表、内野安打と相手の失策から2死二、三塁の好機を作る。岑の右適時打で2点を追加し3-0とした。さらに3回表。先頭打者の有馬主将が右安打で出塁する。富山が力強く打ち返した5球目は、バックスクリーンへ。ここで3連投していた相手エース・谷脇を降板させる。続く6番・藤原太は交代した荒井から右超本塁打を放ち続いた。

△岑
△有馬
△富山
△藤原太


一方の金丸は3回に安打と犠打で2死一、二塁のピンチを背負う。2番・表に左翼手の頭上を越える適時打で1点を失点した。5回先頭打者に安打を許したところで金丸は膝の不調を訴えて降板した。変わって緊急登板したのは、荒谷絋匡(法2)。「いつでも行ける準備はしていた。出番が来たならば、武器を出して抑えに行くという気持ちで入った」と後続を併殺に抑えて無失点で切り抜けた。リーグ経験の少ない荒谷だが、ここから6、7回と粘投を続ける。

△荒谷

だが、8回に2回戦で決勝打を放った竹内に本塁打を許す。さらに9回にもピンチを迎える。先頭打者に安打を許しすと、これを皮切りに1死満塁となってしまった。だが、ここで慌てななかったのが荒谷。「得点差があったので、打者に集中して楽に投げられました」後続をきっちり抑えた。勝利の瞬間、関大ナインは雄たけびを挙げ、そして笑みがこぼれた。


勝因として相手エースの谷脇を2回戦の終盤に引きずり出したことが大きい。谷脇はこの試合で3連投。3連戦の中で関大ナインが総力戦となって立命大を攻略した。前半こそは打線が好調だったが後半は無得点のまま試合が終わった。「後半勝負」をオープン戦から掲げていた関大。本来の勝負の形ができなかったことは課題として残った。だがこの試合に勝利したことの意義は大きい。関大は単独首位に躍り出た。優勝へ一歩前進。しかし優勝が確定したわけではない。次の同大戦は3日後。このままの勢いで優勝へ突き進む。【文:永松愛/写真:稲垣寛太】

▼有馬主将
「(荒谷の印象)オープン戦から非常に良いピッチングをする投手。緊急登板になってしまったんですけど、彼の持ち味は出せたと思います。(持ち味とは)かなり球種が多いですね。どの球種でもカウントを取れて決め球になります。(9回のマウンドについて)点数もあったので自分も思い切って攻めることができたました。前半にとれるところの点数を取れたのは良かったです。(後半については)どうにかして1点を取ろうという話をしていたが、少し気のゆるみも見受けられて取れなかったです。そこが今日の試合での課題ですね。」

▼荒谷
「(緊急登板でした)いつでもいけるように準備はしていました。出たからには自分の武器を最大限に出そうという気持ちでマウンドにいきました。(投球について)無駄な四球が多かったです。自分の持ち味であるテンポと変化球を活かしてストレートを早く見せることができたので良かったです。(8回に打たれた本塁打について)外のスライダーをきれいに逆方向に運ばれたのですが、点差があったのでひとりひとり抑えにいくということを意識しました(次戦に向けて)今日は勝ち点を取れただけで優勝が確定したわけではないです。同大戦、近大戦を勝たないとダメなのでそこに向けて自分の持ち味をチームに生かせたらなと思います」

▼藤原太
「3戦目ということで、大事な試合になるということは分かっていたので、その分気持ちも入っていましたし、初回から点を取れて良い展開になったと思います。(本塁打の場面を振り返って)打ったのは多分ストレートだと思います。手応えは十分にあったので、入ってくれたら良いなと思いながら走っていました。(入った瞬間の気持ちは)チームも本塁打が出ていなかったですし、個人的に言えば昨年からフェンス手前で惜しいような当たりが多くて、悔しさもって、課題にしていてやっと結果につながって良かったです。(ベンチも盛り上がりを見せる中、走っていた時の感情は)野球やっていて良かったって思いました。(次節に向けて)もうすぐに次の試合があるのでこの勢いのまま、謙虚に頑張っていきたいと思います」

▼富山
「大事な一戦ということで、初回から良い攻撃ができていましたし、勝ちへの執念が見えた試合だったのかなと思います。(本塁打の場面を振り返って)真ん中よりのストレートだったんですけど、打った瞬間手応えはありましたし、入るかどうかは分からなかったんですけど、打った瞬間に良い感触はありました。(入った瞬間の気持ちは)関大があまり本塁打が出ていなかったので、自分が今季の1号だと思って少しうれしかったです。(ベンチも盛り上がりを見せる中、走っていた時の感情は)ずっと走っていたい、そういう気持ちでした。(次節に向けて)間の日数も少ないので、しっかりこの勢いのまま準備して、良い形で1回戦に入っていきたいと思います」

Share this content:

コメントを送信