いまロード中
×

あと1本が出ず。勝負は3戦目へ。

あと1本が出ず。勝負は3戦目へ。

◇令和5年度関西学生春季リーグ戦第5節◇対立命大2回戦◇於・ほっともっとフィールド神戸◇

立命大 110 000 001=3
関 大 001 000 010=2

(関)田中湧、荒谷、茶谷、河野、岩井ー有馬
(立)長屋、有馬、谷脇ー星子

1(一)岑
2(中)中井颯
3(遊)髙田幸
4(捕)有馬
5(三)富山
6(右)藤原太
7(二)佐藤
8(左)田中大
9(投)田中湧

今日の試合に勝てば、立命大から勝ち点を奪えるという大一番に挑んだ。3時間を超える死闘だったが、好機であと1本が出ず2-3で敗戦。勝ち点の行方は3回戦へと持ち越された。

先発は京大2回戦以来の登板となる田中湧也(法4)。初回に2死二、三塁のピンチを背負う。5番・桃谷の遊撃への打球を髙田幸汰(商4)がくらいついて捕球するも、送球することができず。その間に三塁走者が生還し、先制点を許した。

△田中湧

2回にも田中湧は初回と同様、先頭打者に四球を与えてしまう。安打と犠牲フライでさらに1点を追加される。3回裏、なんとか追いつきたい関大は1死一、三塁の好機を作る。髙田幸の内野ゴロの間に三塁走者・岑幸之祐(社4)が生還。その後、有馬諒主将(商4)が左前安打を放つ。一塁走者の髙田幸は本塁を陥れようと試みるも、相手の好返球によりアウトとなった。

△髙田幸

4回表、マウンドには荒谷鉱匡(法2)が上がる。1死から安打を許すが、その後の打者を併殺に抑える投球を見せ無失点で切り抜けた。直後の関大の攻撃は2死から死球と安打でチャンスを作る。関学大2回戦で同点打を放った名迫佑介(人4)が代打で起用された。しかし、左飛に倒れて同点とはならず、中盤戦へ。

△荒谷
△名迫

5回からはマウンドには茶谷哲兵(経4)が上がる。立命打線を5、6回と三者凡退に抑える投球を見せた。

△茶谷

8回には今季、救援投手としての活躍が光る河野勇真(政策3)が上がる。四死球で走者を出すも、その後の打者を三振に打ち取り無失点で切り抜けた。その裏、この試合最大の好機を作った。3個の四死球で無死満塁のチャンスを作ると、打席には代打・大塚誠人(情2)が送られる。代打の準備はしていたという大塚だったが、早瀬万豊監督から起用が告げられたのは直前のこと。「大塚の足の速さと打撃練習を見ていても期待できると考え、思い切って起用した」(早瀬監督)。初打席となった大塚は振り抜いた2球目を犠飛とした。「 代打での起用には少し驚きがあった。しかし、やることをやるだけなので楽しんでいこうと思った」(大塚)。 三塁走者の有馬主将が生還し、同点に。ベンチの熱気も最高潮に達する。

△大塚
△有馬

同点で迎えた9回表にマウンドに上がったのは岩井将吾(商3)。立命大の上位打線に連打を浴びて1点を失う。試合の行方は1番からの好打順で始まる9回裏の攻撃に託された。岑が右中間への二塁打で出塁して中井颯良(政策4)の犠打で1死三塁に。勝負は中軸に託された。髙田幸は浅い右飛に、有馬主将が快音を響かせた打球も右翼手のグラブの中へ。2-3で試合終了となった。

△岑
△有馬

好機を生かすことができず敗戦した2回戦。この悔しさを明日の3回戦で晴らしてくれるだろう。【文/写真:永松愛】

▼有馬主将
「(試合を振り返って)細かく試合を見れば、こちら側のミスが目立った試合だと思う。(具体的には)走者が三本間で挟まれたりすることや田中湧の立ち上がりがうまくいかなかったこと。(試合後ミーティングで話されたことは)スコアボードからは読み取れない細かなミスをなくしていこうという話をした。(チームの雰囲気について)スタンドからの大声援もあり、ベンチも楽しく活気づいていた。応援が素晴らしい分、ベンチの声も大きくなっていった。応援と野球部が一体となった試合だった。後は、選手がどれだけ力を発揮できるか。チームは今、一つの方向に向いていると思う。(次戦に向けて)優勝できるかを大きく左右する試合。ここで負けるといい結果は見えてこないという一戦だと思うので、明日ベストな状態で迎えたい」

▼田中湧
「(試合の入りについて)昨日金丸が良いピッチングをしていたのでその勢いのまま2連勝したいと思って試合に臨みました。(今日の投球について)ボールが高めに浮いてしまい、修正しようと思ったができず、3回まで来てしまった。自分の本来の打たせてとる投球ができなかったところが悔しい。(次の投球に向けて)最初から飛ばして抑えられるところまで抑える。得点を取られなければ負けないので、0に抑えるというところを意識したい」

Share this content:

コメントを送信