いまロード中
×

金丸が3安打完封で首位攻防戦の初戦を制す。

金丸が3安打完封で首位攻防戦の初戦を制す。

◇令和5年度関西学生春季リーグ戦第5節◇対立命大1回戦◇於・ほっともっとフィールド神戸◇

関 大 010 030 010=5
立命大 000 000 000=0

(関)金丸ー有馬
(立)谷脇、遠藤、荒井、有馬ー星子、加藤


1(一)岑
2(中)中井颯
3(遊)髙田幸
4(捕)有馬
5(三)富山
6(右)藤原太
7(二)佐藤
8(左)田中大
9(投)金丸

勝利すれば優勝へ一歩近づく首位攻防戦。金丸夢斗(文3)が3安打完封で勝利を飾った。試合が動いたのは2回表、2死から藤原太郎(法3)が左前安打で出塁。続く佐藤慶志朗(経3)が中安打を放ち、好機を拡大する。8番・田中大翔(情4)が2球目を左前安打とし、その間に二塁走者の藤原太が生還。先制点を挙げることに成功した。

△田中大

3回裏、金丸は先頭打者に対して四球を許す。しかし、有馬諒(商4)が盗塁を阻止した。後続打者を三振に抑え、結果として三者凡退に抑える。

△金丸

4回裏、先頭打者の三遊間への打球を髙田幸汰(商4)が好守備で援護。しかし、打撃好調の3番・竹内に安打、4番・西村に四球を許し、1死一、二塁のピンチを背負う。続く打者は立命大の主砲・桃谷。ここで有馬主将がマウンドへ。「ここが勝負どころ。最高の形は併殺で、ゴロを打たせていこうという話をした」(有馬)金丸は投じた6球目を三ゴロに。富山雄正(情3)、佐藤、岑とつないで併殺を完成させる。最高の形でピンチを脱出することに成功した。

△有馬(左)と金丸

ピンチを無失点で切り抜け勢いづいた関大は5回に打線がつながる。1死から田中大が内野安打で出塁する。続く金丸が四球を選び、1死一、二塁となり上位打線へ。岑が放った大飛球は右翼手の頭上を越える適時二塁打となった。この間に、田中大、金丸が生還し追加点を奪う。岑は二塁を回り三塁を陥れようと試みるも、走塁死となった。しかし、関大の攻撃はまだ終わらない。中井颯良(政策4)が中安打で出塁。相手投手のけん制が暴投となりその間に二塁へ進塁する。髙田幸の適時打でさらに1点を追加し、4-1で5回を折り返した。

△髙田幸

8回表、1死から佐藤が四球で出塁。金丸が左中間への適時二塁打によりさらに1点を追加した。金丸は8回、9回と三者凡退に抑えて試合終了。5-0で立命大をくだした。

△金丸

優勝へ向け、第1戦を白星で終えられたことは大きい。第2戦の先発は田中湧也(法4)が予想される。リーグ経験の少ない田中湧を打撃陣がどのくらい援護できるかが鍵だ。【文:永松愛/写真:𠮷村虎太郎】

▼田中大
「(今日のバッティングを振り返って)自分は先週、先々週の関学大戦で2試合連続でチャンスを潰してしまい、悔しい思いがあったのでリベンジができて良かったです。(父親の本拠地だった神戸、何か特別な思いはあったのか)父がプレーしていた所なので、人一倍活躍したいと思い臨みました。(明日に向けて)明日勝てば節を取れるので、みんなで勝ち点目指して頑張りたいと思います」

Share this content:

コメントを送信