いまロード中
×

逆転許し、惜しくも敗戦

逆転許し、惜しくも敗戦

◇2022年度PhitenCUP関西大学男女選手権大会◇トーナメント戦◇対大阪大谷大ほか◇於・立命館大学OICアリーナ◇

【1回戦】
[第1セット]関大25ー15大阪大谷大
[第2セット]関大25—22大阪大谷大
[セットカウント]〇関大2ー0大阪大谷大

【2回戦】
[第1セット]関大15ー25同大
[第2セット]関大25ー22同大
[第3セット]関大23ー25同大
[セットカウント]●関大1ー2同大

全カレに弾みをつけたいと関カレに挑んだ。初戦は、大阪大谷大。第1セットから関大が勢いに乗ったプレーを見せた。第2セットでは2点差まで追いつかれたが、スパイクが光り、難なく勝利。第2回戦へと駒を進めた。迎えた2回戦は、秋季リーグで敗退した同大と相まみえた。第1セットは落としたが、第2セットは関大が勢いをつかみ、セットを手に入れる。しかし、第3セット終盤には相手が猛攻。逆転を許し、2回戦敗退となった。

1回戦は、関大のサーブから試合開始。開始直後から連続4得点と試合の流れをつかむ。陰下雄太(情3)が相手の隙をついた緩いスパイクを放つ。直後には、レフトから相手が手も足も出ない鋭いスパイクを決め、連続得点。さらに、安平瑠也(商2)は中央から叩き込むようなスパイクを決めるなど関大のスパイクが光り、点数を重ねた。レシーブが乱れたときもあったが、ここは池田勇太郎主将(法4)が立て直した。24点になったところで、中村奨(社3)を投入。相手が2人で取りに行く絶妙な位置にサーブを打ち入れ25点目を決める。25ー15と10点差をつけ、このセットは関大が手にした。

△陰下
△中村

続く第2セットは、相手が2点を先取。第1セットとは異なり、相手を追う展開となるが、金子玄(人3)、隅田嵐(社2)が得点を重ね、隅田のスパイクで同点に追いつく。再び、相手に点差をつけられるも、金子のサーブで追いつくと、すぐに3点差をつけ返す。金子に代わり、神野誠大(安2)がコートに入ると、相手のブロックミスを誘うプレーをみせた。その後は関大の流れに。相手が勢いに乗り始めたときにはラインアウトなどのミスがあったものの、ここを1点で切った。関大が24点となったところで相手がボールを返し続け長いラリーとなったが、文字直輝(商4)がレフトから鋭いスパイクを決め切りセットを取った。ストレート勝ちで第2回戦へと進んだ。

△喜び合う

迎えた2回戦の相手は同大。第1セットは関大のサーブから始まった。両者ともに一歩も引かないプレーを見せる。山本大稀(経1)が力強いスパイクを決め同点となる。その後、川合涼太(人2)がライン際にスパイクを打ち込み関大が勢いを手にしようとしたところで、相手がサーブで連続5得点。点差を広げられてしまう。しかし、ここで久保田滉平(情3)が「ここで落としたら勝てないよ」とチームを鼓舞。安平が何度も体全体でボールを取りに行くなど奮闘したが、相手に試合の流れを握られ、10点差で、第1セットを落としてしまった。

△山本

必ず手にしたい第2セット。先制点は関大が取った。岡田大雅(経4)が相手を乱すサーブを見せると、応援にはさらに熱がこもる。その後、岡田のスパイクで同点に追いつく。池田のパスから陰下はアウトラインギリギリのスパイクを決めた。しかし、関大は相手を追う展開のまま。ネット際の攻防では安平が押し込み、得点。チャンスを逃さなかった。ここで、関大はタイムアウトを要求。ここからは関大が猛攻を見せる。安平の連続3得点で同点に追いつくと陰下を中心に声を掛け合う。息の合ったプレーを見せ、得点を重ねた。相手のミスも重なって、関大が連続で得点。第2セットを手に入れた。

△岡田

このセットを勝ち取り、明日の3回戦につなげたいと挑んだ第3セット。陰下のスパイクで関大が先制点を取る。両者一歩も譲らず、点の取り合いが続く。ネット付近に落とされたボールに下崎大輝(情1)が反応し、滑り込んで、ボールを上げ、得点につなげた。長いラリーが続いたときは安平が決め切り、相手のスパイクを池田、岡田がブロックで止めると会場は歓声であふれた。関大が順調に点を重ね5点差をつけた。しかし、ここで相手がピンチサーバーを投入。関大は対応できず、一気に点差は1点に。そのまま試合の勢いを相手がつかみ、逆転。23ー25と第3セットを落とし、悔しい敗北となった。

△安平

声を掛け合い、全身でボールを迎えたものの、惜しくも敗戦となった今大会。しかし、ここで下を向く暇はない。約1週間後には全カレが待っている。今日の悔しさをバネにして練習に励んでいく。関大男子バレーボール部の活躍に期待したい。【文:村中望乃/写真:木原綺音】

Share this content:

コメントを送信