いまロード中
×

1回戦で関大対決!関大Bトーナメント2回戦敗退

1回戦で関大対決!関大Bトーナメント2回戦敗退

◇2022年度第1回大阪府学生男女選手権大会◇決勝トーナメント◇対関大Cほか◇11月13日◇近畿大学記念会館◇

【1回戦】
[第1セット]関大B25―18関大C
[第2セット]関大B25―18関大C
[セットカウント]○関大2―0関大C

【2回戦】
[第1セット]関大B14―25大体大B
[第2セット]関大B23―25大体大B
[セットカウント]●関大B0―2大体大B

先週行われた予選に続き、決勝トーナメントが行われた。1回戦は関大対決。BとC両チームともに攻めの姿勢を崩さず、抜いては抜かれてを繰り返す。セット連取で B チームがCチームを下し、2回戦へと駒を進めた。次戦では大体大Bと対峙(たいじ)する。第1セットは序盤から連続失点が続き、大きく差を開かれたままセットを落とす。落とせば終わりの第2セットは粘り強さを発揮し、中盤でブレイクを重ねた。何度も食らいつき、終盤まで接戦を繰り広げたが、惜しくもセットを逃し2回戦敗退となった。

△Cチーム
△Bチーム

トーナメント1回戦は関大Bと関大Cの一戦。Cの喜多優心(情2)が先制点を挙げるが、村上莉恩(文2)・文字直輝(商4)のブロックや好返球などでBが3連続得点。B優勢になるかと思われたが、Cがすぐに取り返し、さらに池上天翔(人1)のライトからのクロススパイクや神野誠大(安全2)のプッシュ、青谷一樹(安全4)のサービスエースなどでCが3点リードに成功する。その後は点差に変動はなく、互いに点を取り合う展開が続いた。

△喜多
△文字
△池上

Cチームにミスが目立ちだすと、その隙を突いてBチームが得点を量産。執拗なブロックやコートを見極めたスパイクで、バタついたところを刺すように点を重ねた。村上のサービスエースや文字・三枝夏海(社2)の強烈なスパイクなどで連続得点となり、BがCに対して最大8点の差をつける。そのままリードを保ち、Bが第1セットを先取した。

△三枝
△神野
△青谷

第2セットは第1セットとは打って変わり、Bチームリードで試合が進む。三枝のフェイントや村上のクイックとサービスエースなどで5連続点に成功すると、ブレイクを重ねながら点差を広げていく。井上桜佑(人1)の好セットから矢倉龍人(人1)が速攻を鮮やかに決め、隅田嵐(社2)のプッシュで再びブレイク。Cチームも果敢に攻めるが、勢いに乗ったBを止めることができない。隅田が軟打と強打でブレイクし7点差をつけると、Cはたまらずタイムアウトを要求した。しかし、タイムアウト明けもBの流れは続く。隅田の攻撃が2連続で決まり、村上や三枝も得点。Bが先に20点台に突入した。

△井上
△隅田
△下﨑大輝(情1)

20―8と大きく点差をつけられたCチームだが、ここから反撃が始まる。粘り強く攻め続け、Bチームのミスを誘いながら、神野を中心に得点していく。中村奨(社3)と池上のブロックも決まり、Cが一挙6連続得点を果たした。神野のサービスエースでさらに拍車がかかるかと思われたが、Bも意地を見せ、点を奪っていく。最後は隅田のスパイクでCのミスを誘って得点。25―18でBがトーナメントを勝ち上がった。

△Bチーム

2回戦は大体大Bと相まみえる。先制点を許したものの、文字が直後に1点を返す。しかし、相手の多彩な攻撃に翻弄(ほんろう)され、6連続失点になるなど苦しい立ち上がりに。緩急のあるスパイクや強力なブロックを前になかなか攻撃が決まらず、大差をつけられてしまった。文字や隅田のスパイクで徐々に得点するも、序盤に開いた差を埋めることができず、14―25で第1セットを落とした。

△村上
△文字

後がない第2セットでは、関大が粘りを見せた。大体大にリードを奪われるも、序盤から拮抗(きっこう)した展開が続く。3点差がついた場面で、隅田が強打で相手コートにボールを叩き込むと、続くサーブのターンではノータッチエースを連続で決めた。同点まで引き戻し、三枝の相手の隙を突くフェイント攻撃と村上の相手を乱すサーブでミスを誘い、ブレイクするとともに逆転に成功する。その後も矢倉のクイックや村上のブロックで点を重ね、優勢に試合を進めた。しかし、タイムアウト明けに相手の反撃にあう。相手の巧みな打ち分けで3連続得点を許すと、ダメ押しのサービスエースを決められ逆転されてしまう。関大も負けじと攻め続け、矢倉のブロックで22―22と再び同点に追いついたものの、残りの3点を取り切ることができず。第2セットは接戦の末セットを逃し、ストレート負けを喫した。

関大Bは2回戦敗退となったが、先週に引き続き新しい顔ぶれたちが奮闘。慣れない公式戦を見事戦い抜いた。関大としては1週間後に関カレ、月末にはインカレが控えている。チーム一丸となり、1つでも多く勝利を挙げてみせる。【文:小西菜夕/写真:貴道ふみ】

Share this content:

コメントを送信