いまロード中
×

格上相手に大健闘!

格上相手に大健闘!

◇ 2022年関西学生秋季リーグ第5日 ◇対中京大◇10月30日◇天理親里ホッケー場 ◇

[第1Q]関大0-0中京大
[第2Q]関大0-2中京大
[第3Q]関大0-0中京大
[第4Q]関大0-0中京大
[試合終了]関大0-2中京大

インカレを直前にひかえたリーグ戦第5日。前回の戦いで6失点を喫した相手に序盤から堅守でゴールを守り抜く。第2クオーター(Q)にペナルティーコーナー(PC)で得点を許すが、失点はその2点のみと大健闘。インカレに向けて弾みをつけた。

相手ボールで試合が開始される。攻められる展開となるが、相手のペースに食らいつく。初めのシュートをMF寺井乃梨(人2)がセーブし、サークルからクリアした球をFB藤重藍(情4)がヒットで前へとつなぐ。しかし、主導権は相手にあり、苦しい状況に。開始10分、この日初めてのPCを献上するが、ここは堅守で切り抜ける。その後、GK枚田歩美(文4)が相手フォワードと対峙(たいじ)するも好セーブを見せるなど、無失点で第1Qを終える。

△寺井
△藤重
△枚田

続く第2Q、FW神崎真子(社2)の的確なポジショニングでパスカットをすると、ドリブルで攻め上がりサークルに近付く。しかしここは相手ディフェンスに阻まれサークルインとはならず。直後には2度目のPCを迎える。GK枚田が寝転んでゴールを死守。その後FB竹中理菜(社2)のセーブからFW坂井希帆(商2)、FW吉井菜月主将(商4)につながり、チャンスを作るがものにできず。直後、PCを与えると、一度は乗り切るものの続くPCで痛恨の先制点を許す。さらに、2分後にはPCで相手ヒットがゴール右端に決まり、2点差に。

△神崎
△竹中
△坂井
△吉井

関大ボールで始まった後半。序盤からディフェンス陣が崩され、左サイドから抜けた相手フォワードとGK枚田が1対1に。ヒットを打たれるが、サークル外と判定され失点は免れる。さらに続く相手のPCではシュートが枠から外れ、ゴールを守り抜く。その後のカウンターも得点を許さず、2点差のまま最終Qへ。

△後半に向け円陣を組む

迎えた最終Q、MF竹紗弥花(文4)がボールを奪うとドリブルで一気にサークル付近へ。フォワード陣を中心にサークルを狙うが、シュートをさせてもらえない。一方の守備は、攻められる時間が長いものの好セーブを続ける。MF野口奈央(人1)が好守を光らせ、シュートをさせない。左サイドから攻められていた関大だったが、一気に右に振られるとまたしてもGK枚田が1対1に。しかしシュートは枠を捉えず。ラッキーな相手のミスもあり、追加点を与えない。疲れが見える終盤もFB山下日菜子(人2)を中心にセーブ。残り数分のところでMF竹がサークルインを試みるが、得点には結びつかず、試合終了となった。

△竹
△野口奈
△山下

格上相手に与えた得点はPCでの2点。フィールドゴールを0に抑え、関大の実力を示した。4年生にとっては最後となるインカレを、悔いのない試合にする。【文/写真:上田紫央里】

Share this content:

コメントを送信