いまロード中
×

神院大を下し、1部残留を果たす。

神院大を下し、1部残留を果たす。

◇令和4年度関西学生春季リーグ女子1-2部入れ替え戦◇対神院大◇5月10日◇大阪市立千島体育館◇

[S1]●宮本有1(20―22 21―18 14―21)2鈴木
[S2]○仲井2(21―16 22―20)0谷川
[D1]○仲井・篠原 2(21―19 21―15)0鈴木・岡田 
[D2]●宮本亜・内海 0(14―21 11―21)2黒岩・田中 
[S3]○篠原 2(21―12 18―21 21―16)1吉田

○関大3ー2神院大

春季リーグでは1部相手に苦戦し、1勝も上げることができなかったバドミントン女子。入れ替え戦では神院大と戦う。勝敗はS3に出場する篠原七緒(商2)に託された。1時間以上に及ぶ死闘を制し、関大が勝利。1部残留を果たした。

初戦は宮本有沙(政策4)が出場した。1ゲーム目はお互いにリードを許さず、デュースとなる。しかし最後、相手に2点を入れられ敗戦となった。2ゲーム目では4点を先制し、相手を突き放すもサービスエースを決められ14点目で同点に追いつかれる。だが、相手のミスを誘い、長いラリーを制すなど冷静に得点を重ね21―18で勝利し、ファイナルゲームに持ち込む。お互いに1点を取り合い、持久戦に。相手に左右に動かされリードを奪えずに敗戦となった。

△宮本有

S2に出場した仲井杏花里(人4)は1ゲーム目、持ち前のスマッシュを放ち、5点差で勝利。第2ゲームは相手の左右に動かされる攻撃に苦しめられ、デュースに持ち込まれる。だが、最後何度もスマッシュを放ち逃げ切った。

△仲井

D1には仲井・篠原組が登場した。仲井は連続での出場となる。篠原のサービスエースが決まる場面や仲井が激しいラリーをコート端のショットで制す場面があり、ストレート勝利となった。

△仲井
△篠原

D2には宮本亜湖(政策3)・内海明莉(商1)組が登場する。1点を取ると1点を取り返され、なかなかリードできない。最後、4連続ポイントを許し敗戦となる。2ゲーム目でも序盤から6点を追いかける展開に。相手のスマッシュが冴え苦戦する。相手の隙を見つけて得点を返すも追いつけず、黒星となった。

△宮本亜
△内海

あと1勝すると1部残留が決まる大事な場面。任されたのは篠原だ。相手を左右に動かし、得点を重ね、試合を自分のペースに持っていく。最後は相手の連続ミスにより1ゲーム目を先取した。だが2ゲーム目はスマッシュが決まる場面があるも、ミスを誘われ落とす。ファイナルゲームにまでもつれ込んだ。先制点は奪われたものの、すぐに取り返しリードする。緩急のあるショットで相手を前後に揺らし、主導権を渡さない。最後は3連続得点でこのゲームを取り、チームを勝利に導いた。

△篠原

「全員が全力で戦い抜くことができた」と仲井。チーム全員で戦い、入れ替え戦は白星を飾った。初めての1部でのリーグは残留という結果を残し、閉幕した。【文:中山秋桜津/写真:牧野文音】

▼仲井
「(試合を振り返って)今回の試合は全員が全力で戦い抜くことができ、1部に残ることが出来たので春リーグ全体を通しても結果としては良かったと思います」

Share this content:

コメントを送信