いまロード中
×

関学大との3回戦制し勝ち点獲得!

関学大との3回戦制し勝ち点獲得!

◇令和4年度関西学生春季リーグ戦第4節◇対関学大3回戦◇5月10日◇南港中央野球場◇

関 大  002 000 101=4

関学大  010 001 000=2

(関)鷲尾、辰己、定本-有馬

(学)西、鈴木也-佐藤海

1(左)岑

2(遊)髙田幸

3(右)中井颯

4(一)上神

5(捕)有馬

6(三)下井田

7(二)佐藤

8(中)内田崚

9(投)鷲尾

1勝1敗で迎えた対関学大3回戦。先制を許したが、直後に敵失と中井颯良(政策3)の適時打で逆転に成功する。6回には同点に追いつかれるが、7回には敵失も絡む連続安打で1点追加。さらに、9回にも2死三塁から暴投で点差は2に。そのまま逃げ切り宿敵・関学大を下した。

△中井颯

先発・鷲尾昂哉(経4)は初回をテンポの良い投球で、完璧な立ち上がりを見せる。だが、2回には1死三塁から犠飛で先制された。

△鷲尾

逆転したい関大は3回、今季初スタメンの内田崚太(政策4)が四球を選ぶと、鷲尾は敵失で出塁。岑幸之祐(社3)が犠打で送ると、続く髙田幸汰(商3)の打席では野選の間に1点を取り返す。さらに、中井颯の内野ゴロの間に逆転。完全に流れを呼び返した。

△内田崚
△岑
△髙田幸

鷲尾が4回を終えて降板すると、辰己晴野(人4)がマウンドに上がった。しかし、2イニング目の先頭打者に安打を許すと、犠打と内野安打で1死一、三塁のピンチ。代わって定本拓真(文4)が投げるが、中安打で同点に追いつかれる。

△辰己
△定本

しかし7回。下井田悠人(経1)が中安打で出塁すると、佐藤慶志朗(経2)が犠打で奏者を進める。このチャンスに代打・石原水輝(情4)がバッターボックスに入る。6球目を左方向に流すと、敵失も絡み1点を追加。

△下井田
△佐藤
△石原水

さらに9回、有馬諒(商3)が左安打を放つと、犠打と進塁打で2死三塁のチャンス。三杉彪真(人3)の打席では暴投で4点目をつかむ。

△有馬

2点リードで迎えた最終回裏。4イニング目を迎えた定本は重みのあるストレートで打者を圧倒する。三者凡退に打ち取り、ゲームセット。大きな白星を挙げた。

4連勝で2つ目の勝ち点を獲得した関大。要所の犠打が効いた試合となった。次は優勝候補・同大との対戦。勢いに乗り、チーム一丸となって上位を目指す。【文:上田紫央里/写真:上田紫央里、荒川拓輝】

△試合後の上神雄三主将(法4)

▼定本

「(試合を終えて)総力戦になると思っていました。総力戦をみんなで勝てたのは良かったです。(ピッチングを振り返って)今まで不甲斐ないピッチングを続けていて、勝ちに貢献できいなかったので、なんとか勝ちにつなげられて良かったです。(打たれたのは最初の1安打のみでしたが)ピンチで出てきて、なんとか0で抑えれたのが大きくて、そこで乗っていけたのが良かったです。(カウントの取り方について)元々カーブ自体はあまり調子が良くないです。立命大戦真っ直ぐでいき過ぎて、そこから学んでカーブでカウントを取るようにしました。制球の面では良かったです。(今後に向けて)あとは同大が残っています。なんとか2連勝で終わりたいと思います」

Share this content:

コメントを送信