いまロード中
×

接戦も天理大に悔しい敗北

接戦も天理大に悔しい敗北

◇令和4年度関西学生春季リーグ戦第6節◇対天理大◇5月8日◇立命館大学茨木キャンパスOIC アリーナ◇

[S1]● 宮本有1(21-19 11-21 13-21)2荻野
[S2]●仲井0(12―21 16―21)2小山
[D1]○有尾・宮本亜2(21―10 21―14)0岡原・柳生
[D2]● 仲井・篠原1(21-15 17―21 20-22)2小山・荻野
[S3]篠原(打ち切り)岡原

●関大1-3天理大

春季リーグも最終戦。天理大との戦いとなる。シングルス2つを落とし、あとがない状況となるもD1に登場した有尾明香(人4)・宮本亜湖(政策3)組がストレート勝利し、持ち直す。だが、D2でも敗戦し、ゲームカウント1-3で黒星を喫した。

S1に登場したのは宮本有沙(政策4)だ。1ゲーム目はお互いに1点を取り合うシーソーゲームに。最後に相手を崩してプッシュで20点目、ネット前のショットで21点目を取り勝利した。第2ゲームは序盤8連続ポイントを許し、一気に離される。スマッシュで相手を崩し、ドロップショットで隙を突く攻撃で得点を重ねるも大差をつけられ敗北。ファイナルゲームに突入した。序盤、相手に4点リードを奪われるも、ネット前のショットを返すなど着々と得点をつなげていく。相手をコート全体に動かすなど優勢に立つ場面があったものの、最後はネット前のショットで敗戦となった。

△宮本有

続くS2に出場したのは仲井杏花里(人4)だ。アウトを誘われ、先制点を奪われる幸先の悪いスタートに。そこから思ったように得点が伸びず、このゲームは落とす。第2ゲームでも悪い流れを断ち切れずリードを許す。長いラリーを制したり、ネット前のクロスに成功したりと得点する場面があるも、ストレート負けとなった。

△仲井

次負ければ敗北という場面で登場したのは有尾・宮本亜組だ。有尾と宮本亜が交互に相手と打ち合い、最後は宮本亜がショットを決めるなどコンビネーション抜群で得点していく。21-9と、10点以上の差をつけ圧勝。2ゲーム目も有尾のショットが光りどんどん点が入っていく。最後、宮本亜のショットで20点、相手のネットインで拾い、相手を油断させ、そこをプッシュで21点目を取り勝利した。

△有尾
△宮本亜

D2には仲井・篠原七緒(商2)組が出場。仲井のショットで先制点を取り、篠原のスマッシュで相手を崩す。さらに仲井のプッシュで得点を決め、相手との差をつけていく。相手にコート全体を動かされ、球に食らいつく場面もあり、最後は仲井のプッシュで勝利。しかし2ゲーム目では篠原のショットが何度も決まるも17-21であと一歩及ばず。ファイナルゲームに持ち込まれた。第3ゲームが始まるとすぐに2人がショットを決め、篠原から仲井へつなげて先制点3点を獲得。だがすぐに相手に追いつかれ、1点を奪い合う拮抗(きっこう)した展開となる。相手のネットインとコート端のショットで2連続ポイントを許し、18-20とゲームポイントを先に取られ、ピンチとなる。仲井が体を張って球を拾い、19点目を獲得。篠原が20点目を決め、デュースに持ち込んだ。だが最後相手にミスを誘われ、このゲームも落とした。

△仲井
△篠原

一勝もできず、春季リーグを終えたバドミントン女子。1部の壁は高かった。次は絶対に負けられない入れ替え戦が待ち構える。1部リーグで戦った経験を生かし、明日は白星を飾る。【文/写真:中山秋桜津】

▼仲井
「今日の試合では、最後まで諦めずに粘り続けることができたのは良かった所であり、勝ち切ることができなかったのは悔しい所です。次の入れ替え戦では負けることのできない戦いになるので、みんなで勝ちに行きたいと思います」

Share this content:

コメントを送信