いまロード中
×

京大に7得点の快勝!

京大に7得点の快勝!

◇2022年度関西学生春季リーグ戦◇対京大◇5月8日◇天理親里ホッケー場◇

[第1Q]関大1-0京大

[第2Q]関大2-0京大

[第3Q]関大2-0京大

[第4Q]関大2-0京大

[試合終了]関大7-0京大

前回の福井工大との試合では、悔しくも敗北を喫した関大。リーグ戦第2日は京大との戦いとなった。終始ボールを支配し、7得点と快勝で初白星を挙げた。

関大のセンターパスから始まった第1クオーター(Q)。いきなり相手サークルに入り、開始1分でペナルティーコーナー(PC)を獲得する。しかし、ここは決め切れず。その後も相手陣地での攻防が繰り広げられ、FB竹中理菜(社2)のスイープがサークル まで届くが、ここも得点には至らない。続けてFW吉井菜月主将(商4)もリバースヒットでゴールを狙った後、PCを奪う。一度は弾かれるも、最後はMF山下日菜子(人2)が冷静なプッシュで先制。

△ FB竹中
△ FW吉井

第2Q。開始1分で2つのPCをとるが、追加点とはならない。その後、隙を突かれカウンターを受けるが、堅守で切り抜ける。すると今度は関大のチャンス。つないだボールをMF山下がヒット。相手ディフェンスをすり抜け、追加点をもたらした。さらにこのQ終了間際、パスを受け取ったMF野口奈央(人1)がヒットを決め3-0とし、試合を折り返す。

△ MF山下

関大の攻撃は止まらない。第3Q、FB藤重藍(情4)を中心にボールを回す。FB藤重の強いヒットに、ゴール横にいたFW寺井乃梨(人2)がタッチを合わせるが、惜しくもゴールポストに当たる。続けて右サイドに渡ったボールをMF竹紗弥花(文4)が受け取ると、ゴール前でしぶとく粘り、最後は相手キーパーの股を抜くプッシュで1点を追加。それでも攻撃を緩めず、次々にヒットを打ちゴールを狙う。このQ残り1分。ゴール前での攻防の末、リバウンドをまたもMF山下が決めた。

△ FB藤重
△ FW寺井
△ MF竹

両チームともに疲れが見える最終Q。開始2分でMF山下がサークルトップからゴールを決めると、2分後にも自身5得点目を決める。このまま関大ボールが続くと思われたが、この日最大のピンチを迎える。隙を突かれて左サイドを崩されると、この日初めてのシュートを許す。しかし、GK枚田歩美(文4)が冷静にクリアし、点を与えない。その後もさらなる追加点を奪おうとサークルにボールを入れ続けるが、これ以上点差を広げることはできず、7-0で勝利を手に入れた。

△ GK枚田

快勝だったものの、課題が見えた試合となった。「練習でしてきたことが試合で出せなかったり、細かいミスが多くて、きれいに攻めることができた部分があったという試合だったんで、チームとしては反省」と吉井主将。次戦こそ納得のいく勝利をつかむ。【文/写真:上田紫央里】

▼吉井主将

「(試合を振り返って)結果的には勝たないといけない試合で、点差をつけて勝てたのは良かったんですけど、練習でしてきたことが試合で出せなかったり、細かいミスが多くて、きれいに攻めることができた部分があったという試合だったんで、チームとしては反省して次につなげたいと思います。(強化してきたこと)初戦の相手が強いチームで、そこに勝つことを目標としていたんですけど、今回は絶対に勝つということを目標にしていたので、初戦までとは練習してきたことが違うんですけど、今回は攻めるチャンスが多いと思っていたので、少ない人数でスペースを見つけて、パスをつなぐ練習や攻める練習をしてきました。(チームの雰囲気)練習の時は、初心者が吸収しようとして、経験者が教えようとするいい雰囲気が出てるんですけど、試合ってなると初心者の人が受け身になってしまって声が少なくなってしまうところで、活気の面で意識しようと言っていた部分が1時間続けられる集中力があまりない人が多いっていうのが、雰囲気がまだ上がってこない原因になっていると思います。(良かったところ)点を決めるところでヒットをすぐ打って決め切れたところは、7点も決めれたのにつながったと思いますし、去年に比べての成長かなと思います。(課題)声の部分と、自分でボールを持ってしまうのが多いので、もっとパスでつないでっていうのをやっていくともうちょっと素早い攻撃ができると思いますし、相手にも取られずにサークルまでつなげられるんじゃないかと思います。(意気込み)来週同大とあって、今日の試合相手よりレベルが高くなるので、しっかり今回の反省を生かして、ちゃんと攻めて勝ち切れる試合にできるように頑張ります」

▼山下

「(試合を振り返って)私たちがゲームをメークできるということで、攻める機会が多くて点が入ってよかったんですけど、決定率というので考えたらまだまだ低かったかなというふうに思います。(取り組んだこと)最近なかなか点が入らなくて、今回は絶対決めたいっていう気持ちがあったんで、視野を広くして落ち着いてプレーしようと取り組みました。(5得点を決めた感想)率直にうれしいんですけど、表面的に見たら5点で結構入れられたと思うんですけど、自分にも課題があるし、もっと周りを動かせる力がなかったと思うんで、反省点もあったと思います。(良かったところ)個人的にしっかり落ち着いて周りを見れてミスしても声かけは意識して周りを一番に見れるようにというのは意識してやりました。(課題)もうちょっと人を使ったプレーをするのと、自分だけじゃなくて周りと連携してするプレーが少なかったって思うので、そこが課題です。(意気込み)まだ春リーグが始まって序盤なんで、最後に福井工大に勝てるように頑張りたいです」

Share this content:

コメントを送信