いまロード中
×

春学・関関戦 どちらも制覇!

春学・関関戦 どちらも制覇!

◇第57回全関西学生大会・第53回関西学生新人大会・第45回総合関関戦前哨戦◇5月4日・5日◇三木ホースランドパーク◇

【全関西学生大会】

[Lクラス障害飛越競技A(LA)]
[関大チームA]
仁部・千駿組 減点4 タイム44.76
布村・フリーゾ組 減点0 タイム48.53
永合・千香組 減点0 タイム50.61
光森・ドルス組 減点0 タイム49.92
荒川・カリエーレ組 減点0 タイム48.3

[関大チームB]
中沢・千優組 減点0 タイム51.38
島村・千功組 減点0 タイム59.99
布村・千龍組 棄権
荒川・アドラブル・チャバリト組 減点0 タイム49.93

[関大チームC]
仁部・ビリーカート組 減点0 タイム52.1
清水茉・千騅組 減点0 タイム53.35
島村・千秀組 減点0 タイム51.11
川本・へルック・ステル組 減点0 タイム59.72

[LA団体順位](総減点・総タイムは各チーム上位3選手の合計)
2位 関大チームA 総減点0 総タイム146.75
3位 関大チームC 総減点0 総タイム156.56
4位 関大チームB 総減点0 総タイム161.3

[LA個人順位]
3位 荒川・カリエーレ組
4位 布村・フリーゾ組 

[Mクラス障害飛越競技D]
1位 中沢・千優組 総減点0 タイム51.76
3位 川本・へルック・ステル組 総減点0 タイム55.83
島本・千秀組 総減点8 タイム49.51
布村・千龍組 減点0

[Mクラス障害飛越競技C]
3位 永合・千香組 総減点0 タイム67.2
4位 光森・ドルス組 総減点0 タイム66.69
5位 布村・フリーゾ組 総減点0 タイム69.29
6位 荒川・カリエーレ組 総減点0 タイム71.57
荒川・アドラブル・チャバリト組 総減点0 タイム69.09
仁部・千騅組 総減点8 タイム63.86

[Mクラス障害飛越競技B]
2位 光森・ドルス組 総減点0 タイム65.52
4位 永合・千香組 総減点4 タイム62.35
5位 布村・フリーゾ組 総減点4 タイム62.52
6位 仁部・千駿組 総減点8 タイム59.06

[Lクラス障害飛越競技B]
2位 漆原・千明組 総減点0 タイム65.87
3位 漆原・ビリーカート組 総減点0 タイム68.80
6位 仁部・千真組 総減点20 タイム63.82
島村・千輝組 失権

[複合競技]
1位 荒川・千功組 馬場減点33.1 障害減点4 障害タイム125.12 総減点37.1
3位 中沢・千優組 馬場減点41.1 障害減点0 障害タイム108.06 総減点41.2
仁部・千翔組 馬場減点37.2 障害減点8 障害タイム103.73 総減点45.2
仁部・千明組 失権
布村・千龍組 棄権

[馬場競技A]
永合・千令組 最終得点率53.910%

[団体総合成績]
1位 関大

【新人大会】
[馬場競技]
山本・千歌組 最終得点率54.643%

[障害競技]
1位 清水奨・千騅組 総減点0 タイム60.17
7位 金折・千歌組 総減点0 タイム66.93

【関関戦】
1位 関大

ここ数年は延期されての開催だった春の全関西学生大会(春学)。今年度は、やっと本来の時期に開催することができた。年の大一番である全日本学生賞典大会(全学)に向けて、近年より早いスタートを切れた馬術部。今年も「常勝関大」は変わらず、さらに進化を見せていく。その覚悟が春学にも表れていた。

△関大Aチーム

大会は、総合関関戦前哨戦の勝敗にも関わるLAで幕開け。関大は3つのチームがエントリーし、その1チームでも関学大より良い順位に入ることができれば勝利となる。強豪コンビ揃いの関大からすれば一見たやすいが、馬の機嫌が成績に直結する競技こそ馬術。また、エース・永合更良々(情4)も「バーの高さが100㌢と低いので、馬が油断してしまう」と難しさを語る。気を抜いてはいられない。

△島本・千秀組
△清水茉・千騅
△川本・へルック・ステル組

言葉通り、油断をせず走行した13組の人馬たち。全チーム、総減点を0に抑え、関大に勝ち星1を持ち帰ることができた。中でも、4年生・荒川将暉主将(文4)と布村翼(情4)が好成績の後押しをした。荒川は全学優勝へと導いた経験のあるカリエーレとタッグを組み登場。10個ある障害どれにも臆することなく、余裕の持ったジャンプを披露する。また、布村・フリーゾ組は、布村が1年時からともに戦ってきている相棒同士。息の合った走行で丁寧に跳び越えていく。両コンビとも50秒を切るタイムで関西3、4位と入賞を果たした。

△荒川・カリエーレ組
△布村・フリーゾ組

障害、馬場、総合の3競技の中で特に障害に力を入れている関大だが、 総合競技に似た種目も含まれる複合競技に多数の人馬が、馬場競技には永合・千令組がエントリーした。先に行われたのは複合競技。複合競技は、障害飛越(ダービー)と馬場競技の合計で争われるが、ダービーは長距離、バーを跳び越えた先には水が張られたプールが準備されているなどいつもの障害競技と異なる。この日はダービーが行われ、下級生である中沢壮(情2)が先輩、さらには他大学の選手を抑え暫定1位を獲得。軽さを生かした走りで、ゴールしたコンビ中、2位のタイム108.06をマークした。3位には荒川・千功組、4位には仁部泰夢(情3)・千翔組がつき関大が上位を独占。翌日へ期待が膨らむ結果となった。チームの好調を止めることなく、永合も好演技を見せる。千令を常に落ち着かせ、抑揚のある走りを審判団にアピールした。順位は伸びなかったものの、減点を最小限に抑えた。いい雰囲気で1日目を終える。

△中沢・千優組
△永合・千令組

2日目は、複合競技もう1つの競技である馬場競技からスタート。1日目、首位に立っていた中沢が1番手だったが、うまく千優のコントロールができず。馬場では納得のいくスコアを出せなかった。対して、ここで抜きん出たのは荒川。4年間の経験をここで遺憾なく発揮し、逆転優勝をつかむ。競技後にはペアの千功に寄り添う様子がうかがえた。

△荒川・千功組

この日、Mクラス障害飛越競技Bでも関大の人馬が頂点争いを演じた。光森美絢(人2)・ドルス組だ。1回目の走行では、光森・ドルス組以外の関大のコンビは減点を生産するほど難関だったこの種目。全体でも光森を含む2選手のみが減点0の走行を見せた。そして、1位はジャンプオフで決定することに。相手は昨年度の全学で2位に輝いた強敵だ。その相手に緊張したのか、走行開始後すぐにルートミスをしてしまう。そのまま棄権という苦渋の選択をし、2位となった。それでも、2年生にして関西2位に。今後の活躍にも目が離せない。

△光森・ドルス組

春学と同時に新人戦も行われた2日間。清水奨真・千騅組が優勝するなど関大の層の厚さを見せつけた。もちろん団体総合の結果は優勝。今年も例にもれず関大は強い。秋の全学で団体優勝をつかむため、次の関西学生賞典障害大会も躍動を誓う。【文/写真:木原綺音】

△清水奨・千騅組

▼永合
「(関関戦を振り返って)全体的に見たら悪い走行ではなかった。ただ、まだ改善点があるので直していきたい。(改善点を具体的に)馬の走る場所をもっと内のラインを通っていったらタイムを短くできると思う。走るのではなく、走る場所にこだわりたい。(最高学年になり、心境に変化はあったか)最後の春学、関関戦ということもあるので、勝ちにいこうという気持ちが強かった。(関関戦について)まともに関関戦をしていなかったので、できてよかった。(一勝を挙げることができて)他の部活を補えた部分ではよかった。(LAの難易度について)全日本などよりは少し下がるが、その分バーの高さが100㌢と低いので、馬が油断をしてしまう。だからよりサポートが必要。(千香とのコンビネーションについて)3年の時から乗らせてもらっていて、最初はうまく乗れなかったが、少しずつうまくコンビを組めるようになってきていると思う。(今後の意気込み)最後の全日本学生で優勝をもう1度できるように、また団体でも優勝できるようにがんばりたい」

Share this content:

コメントを送信