いまロード中
×

迫る場面があるも、同大に敗戦

迫る場面があるも、同大に敗戦

◇令和4年度関西学生春季リーグ戦第3節◇対同大◇5月5日◇八幡市民体育館◇

[S1]● 仲井1(21-19 13―21 19―21)2山部
[S2]● 宮本有0(15―21 10―21)2梅田
[D1]● 仲井・篠原0(10―21 16-21)2播摩・東
[D2]● 宮本亜・内海0(14―21 8-21)2太田・小山
[S3]● 山根0(13―21 10―21)2舟橋

●関大0-5同大

1部リーグで敗戦が続くバドミントン部女子。同大戦は勝利を収めたかったが、強さに圧倒され、1勝もできなかった。

S1は仲井杏花里(人4)が登場した。相手のミスを誘ったり、ネット前のショットを決めたりと着実に得点を重ね、序盤はリードをして進む。しかし前後に揺さぶられ9点目を相手に渡すと、そこから5連続得点される。一気に離され、追いかける展開となる。しかし、17点目を決めるとペースをつかみ、一気に5点を入れそのまま勝利した。2ゲーム目も序盤から相手にリードされる。相手の球を拾い続け、最後はコートの端にショットを決める場面があるも相手に追いつくことができず、ファイナルゲームに持ち込まれる。第3ゲームは3点先制し、リードを保つも12点目で追いつかれる。そこからはどちらもリードを許さず。しかし最後、相手にネット前のショットを決められ惜しくも敗戦となった。

△仲井

2戦目はなんとか勝ちたいところ。そこで登場したのが宮本有沙(政策4)だ。緩急のあるショットで相手を前後に揺さぶり得点を取っていく。だが、相手も負けじと取りずらいショットを何度も放ち、宮本はそれを拾い続けるも得点につながらず。このゲームは取られる。2ゲーム目も序盤からリードされ、そこから追いかける展開となる。相手のコート全体を使ったショットに苦しめられ、なかなか1点を取ることができない。そのままストレート負けとなった。

△宮本有

後がない場面で出場したのは仲井・篠原七緒(商2)組だ。相手の強烈なスマッシュで2点先制される。篠原が激しく打ち合う場面や、仲井が相手を崩し、その隙をついてプッシュする場面があるも追いつけず。このゲームは相手に取られた。2ゲーム目でも序盤で6点差に広げられるも、1点1点を着実に取っていく。だが、追いつけずこのゲームも敗戦となり、ここで3戦目の敗戦が決まった。

△仲井
△篠原

D2には宮本亜湖(政策3)・内海明莉(商1)組が登場。お互いに相手の球を拾い続けて、宮本亜が最後に決めるなど相手に点を取らせまいと食らいつく。だが、相手の方が一枚上手。リードを奪えず、このゲームを終える。2ゲーム目は内海が何度も相手の球を拾い、ラリーが長く続く場面があるも13点差をつけられ、敗戦した。

△宮本亜
△内海

最後に登場したのは山根凛紗(情2)だ。何度も相手の球を拾うもミスを誘われ、得点にならない。終始、相手が優勢でこのゲームを落とす。2ゲーム目もネット前の取りづらいショットを拾うが、相手にプッシュを決められる。粘り強く相手の球を拾い、ミスを誘う場面があったもののストレート負けとなった。

△山根

次戦からは入れ替え戦につながる負けられない試合となる。「チーム一丸となって頑張りたい」と仲井。次戦はチーム全員で勝ちにいく。【文/写真:中山秋桜津】

▼仲井
「今日は最初の取らなければいけないところを落としてしまった所から、ダブルスも押されてしまい取ることができませんでした。次からは入れ替えに回る試合で一戦一戦が大事になってくるので、チーム一丸となって頑張りたいです」

Share this content:

コメントを送信