Loading Now
×

同大に逆転勝ち、今季2勝目を挙げる!

同大に逆転勝ち、今季2勝目を挙げる!

◇第54回春季関西学生リーグ戦◇対同大◇5月4日◇J:COMサザンスタジアム◇

同 大 000 200 2=4
関 大 000 203 X=5

1(遊)吉田
2(DP)井上
3(捕)山口
4(一)田中
5(左)佐々木
6(右)寺田
7(中)永野
8(二)栗山
9(三)笹山
FP(投)和田

負け無しで迎えた春季リーグ3戦目。4回に先制されるが、その後すぐに追いつき試合を振り出しに戻す。さらに6回には3点を追加し、逆転に成功。7回にはあと1点まで詰め寄られるも、同大打線を抑えて今季2勝目を飾った。

先発のマウンドには和田龍馬(法3)が上がった。初回から三者凡退に抑えると、その後も無失点で試合をつくる。しかし4回、失策から連続安打で先制を許すと、犠飛で2点目を奪われる。

△和田
△山口

後攻の関大はその裏、山口葵育(社2)が内野安打で塁に出ると、4番・田中大輝(情3)が右中間にボールを運び1点を返す。さらに永野佑樹(人3)の犠飛で同点に追いつく。

△山口
△田中
△永野

次に試合が動いたのは6回。山口が死球を受けると、田中が三遊間を破る強い打球でチャンスを拡大する。その後、暴投でそれぞれが進塁し、1死二、三塁に。ここで寺田龍平(経4)が同大を突き放す一打を放った。さらに、代打・杉本優太(情4)の適時打で2人の走者を返し5-2とする。

△大堀翔輝(法3)
△寺田
△杉本

このまま勝ち切りたい関大だったが、7回には2点を追加され、点差は1に。しかし、最後はフライに打ち取り何とかリードを守りきった。 二桁安打で強さを見せつけた関大。インカレ出場を目指し、残りの試合でも勝利をつかむ。【文:上田紫央里/写真:石井咲羽、上田紫央里 】

Share this content:

コメントを送信