いまロード中
×

1部リーグ勝利とはならず

1部リーグ勝利とはならず

◇令和4年度関西学生春季リーグ戦第2節◇対関学大◇4月30日◇立命館大学茨木キャンパスOIC アリーナ◇

[S1]●宮本有0(11ー21 9ー21)2酒井
[S2]●仲井0(17-21 24-22 7-21)2土井
[D1]●有尾・宮本亜0(4ー21 14ー21)2小野田・鎌田
[D3]○仲井・篠原2(21ー19 15ー21 21ー19)1松久・杉原 
[S3]●福井0(18ー21 11ー21)2三嶋

●関大1ー4関学大

昨年の秋季リーグで1部昇格を果たしたバドミントン女子。今大会が1部となり初めてのリーグとなった。2戦目は関学大との戦い。先に3勝を取られ、悔しいストレート負けとなる。だが、D2で仲井杏花里(人4)・原七緒(商2)組が1勝をもぎ取り、全敗を阻止した。

初戦は宮本有沙(政策4)が出場した。先に4連続ポイントを取られ、追いかける展開となる。相手のコート端を狙うショットにも対応し、拾い続ける。左右に動かされるものの、相手の少しの隙も見逃さずヘアピンショットをお見舞いし、得点。しかし相手に同じようにやり返され、なかなかリードを奪えない。そのまま第1ゲームは取られる。第2ゲームは先制点を奪い、いいスタートを切るもそこから3点連続で取られる。相手のスマッシュを何度も拾い、粘るも悔しい敗戦となった。

△宮本有

S2には仲井が登場。第1ゲーム序盤から大きくリードを奪われる。相手との差が8点の場面、ここから相手のミスを誘うショットで一気に3点差まで追い上げる。しかし、惜しくも第1ゲームは敗戦となった。2ゲーム目は両者1点も譲らない。仲井も粘り強く拾い続け、相手のミスを誘い10点目を取る。そこから高い位置でのスマッシュも決まり、得点を重ねる。相手もリードを許さず、このゲームはデュースに持ち込まれる。最後は左右に相手を揺さぶるショットが決まり、勝利となった。第3ゲーム、相手の闘志に火がつき9連続ポイントを奪われた。そのまま追いつけずこのゲームも取られ、S2も敗戦となった。

△仲井

負けると次がないD1。有尾明香(人4)・宮本亜湖(政策3)組が出場した。相手から何度もスマッシュを浴びせられるも、なんとか拾い続ける。だがストレート負けとなった。先に3勝を取られ、ここで関学戦は黒星となった。

△有尾
△宮本亜

D2で登場した仲井・篠原組は両者1点を取り合うシーソーゲームに。両者ともに19点の場面、篠原のスマッシュで相手を崩し、仲井がその隙を突くショットを放ち2点連続で得点し、勝利した。2ゲーム目もリードを譲らないも中盤、相手にペースを握られ4連続ポイントを許してしまう。そこから点差を広げられ敗戦。ファイナルゲームに持ち込まれた。第3ゲームでも先制点を奪わるも、すぐに篠原のスマッシュで3連続ポイント。仲井のたたみかけるスマッシュも決まり、このゲームも取る。関大に勝利をもたらした。

△仲井
△篠原

最後は福井楓花(シス理3)が登場し、相手の球を拾い続け、1点1点を着実に取っていく。相手を前後に動かし、最後はネット前にショットを放つなど相手に流れをつかませない。だが最後、コート端のショットを放たれ、第1ゲームを取られる。2ゲーム目は相手の流れを止めることができず大差をつけられ、黒星となった。

△福井

春季リーグ2戦目を勝利とはならなかった関大。次戦は同大との戦いとなる。春季リーグも始まったばかりだ。次こそは勝利をつかむ。【文/写真:中山秋桜津】

Share this content:

コメントを送信