いまロード中
×

フルセットの末、親和女大に黒星

フルセットの末、親和女大に黒星

◇2022年度関西大学連盟春季リーグ戦第4日◇対親和女大◇4月17日◇

[第1セット]関大25―21親和女大
[第2セット]関大25―18親和女大
[第3セット]関大20―25親和女大
[第4セット]関大22―25親和女大
[第5セット]関大11―15親和女大
[セットカウント]●関大2―3親和女大

春季リーグ第4日は、いまだ負けなしの親和女大との一戦となった。「 勝ち切ることができなかった」と升谷未来主将(人4)。1、2セットを連取し勝利へリーチをかけるも、フルセットの末逆転負けを喫した。

第1セット、開始早々日野美里(人3)がセンターからアタックを決め、幸先のいいスタートを切る。トスを1人に集めず、散らすことで相手を翻弄(ほんろう)した。日野のセッターと息の合った速攻や内田千晴(人1)のパワフルなアタックが加わり、相手にリードを許さないゲームを展開。終盤は長いラリーが続く中、ブロックアウトなどで確実に得点を重ねていく。25点目は内田がクロスへスパイクを決め、第1セットを先取した。

△日野
△内田

勢いに乗って臨んだ第2セット。児玉光涼(文3)のサーブで相手のレシーブを乱して1点目を挙げると、升谷主将や川上良江(文2)のコースの打ち分けやブロックを利用したスパイク、フェイントなどで得点を量産。それによってチームもさらに勢いづいた。コンスタントに点を重ね、7点差をつけてこのセットもものにし、勝利へリーチをかける。

△児玉
△升谷
△川上

第3セットも、相手のサーブミスで先制する。序盤に日野のサービスエースが飛び出し、波に乗る関大。しかし、このセットは相手も点差が開かないように関大に食らいつく。連続で得点するも、相手にも同じように連続得点を許し、一進一退の攻防が繰り広げられる。鍋井識里(文3)のサーブから得点が生まれるも、関大のアタックがなかなか決まらず、流れをつかみ切れない。関大はたまらずタイムアウトを取るも流れを切ることはできず、長いラリーを相手に取られ、ミスも増える。接戦を勝ち切れず、セットを落とした。

△日野
△鍋井

セットカウント2-1で迎えた第4セット。速いトス回しから、高さのあるスパイクを打ち込まれ、穴をつく攻撃を展開される。関大も負けじと升谷主将、内田のクロスへの鋭いスパイクや日野の相手の隙をつくフェイントなど、攻撃に緩急をつけて得点を重ねる。だが、相手は関大コートにボールうまく落としてリズムを作り、関大の反撃を許さない。先にセットポイントを取られると、22-25と3点差で惜しくもこのセットを逃がす。勝負の行方はファイナルセットに委ねられた。

ファイナルセットは、相手にサービスエースを決められ相手を追う展開でスタート。序盤は白熱した点の取り合いが繰り広げられるも、中盤のイージーミスもからみ、相手に痛恨の5連続点を許す。先にセットポイントを許すも、伊関万絢(まひろ=文1)や内田のレフトからのクロスで粘りを見せる関大。「絶対追いつける!」「ここから!」とチームを鼓舞する声が掛かるも、あと一歩及ばず最後は相手に軍配が上がった。

△伊関

試合後、選手の表情には悔しさがにじみ出ていた。フルセットの末敗北したものの、リーグ戦は始まったばかり。升谷女バレは一丸となり、最後まで諦めずに戦い抜く。【文:石井咲羽/写真:貴道ふみ】

▼升谷主将
「(試合を振り返って)1、2セット目取れたので、3セット目絶対取って、もうこれはもうすぐ終わろうって自分たちの流れも良かったので、絶対取り切ろうって言って臨んだ3セット目やったんですけど、やっぱりちょっとの爪の甘さとか、1点ここ欲しい時に取れなかったりとか、そういうちょっとのチームの甘さが出て、3セット目4セット目で負けてしまった展開で、5セット目も自分たちの形的には、開幕してからすごい形は良くなっているのがわかっているんですけど、やっぱり勝ち切るっていうところができていなかったのは今日の反省点です。あとは勝ち切ったら、自分たちは結構強くなっている自信はあるので、今まで上位のチームと当たっていたので、あとは下位のチームになってくるので、そこはもう一回切り替えて、勝ち切るところを練習で来週からやっていきたいなって思います。(チームの雰囲気)昨日負けてしまって、すごい悔しいよなって言って、7人で話して、1、2年生もほんまに思ってることあったら言って欲しいってことを、昨日のゲーム終わってから本音喋ろうって言って喋りました。1、2年生もこのゲームの中で昨日のゲームの中での心情とかも言ってくれて、なんかお互いに思っていることを言い合えたので、あの今日の出だしの入り方的にはすごい雰囲気が良くて、昨日絶対勝とうって言って、入った1セット目だったので、1、2セット目はすごい雰囲気が良くて、雰囲気は全然問題なく良かったかなっていうのがあります。(来週の試合に向けて)下位のチームと当たってくるので、そこはしっかり勝ち切ることを目的として、練習からもう一回詰めて、チーム全員でもう一回勝ちに行って最後までしっかり諦めずに戦い抜きたいと思います」

Share this content:

コメントを送信