いまロード中
×

開幕戦は強豪相手に敗北

開幕戦は強豪相手に敗北

◇2022年度関西学生春季リーグ戦◇対立命大◇4月17日◇立命館OICフィールド◇

[第1Q]関大0-1立命大

[第2Q]関大0-3立命大

[第3Q]関大0-3立命大

[第4Q]関大0-2立命大

[試合終了]関大0-9立命大

リーグ3位を目標に掲げ、新体制で始動した関大ホッケー部。開幕戦は、昨秋リーグの覇者・立命大との対決となった。いくつかのチャンスはあったものの、終始押され気味の展開となり、初戦を落としてしまった。

相手のセンターパスで始まった第1クオーター(Q)。素早い攻撃から耐え忍び、ゴールを守り切る。FB和田陽向(人1)のスクープや、FB甲斐心之介(人3)のヒットなどでチャンスをつくり、サークルを狙う。だが、堅い守備に阻まれてゴールを捉えることはできない。8分にはペナルティーコーナー(PC)を与えるものの、FB水川幹也(経4)がボールを外に運んで守り切る。その後の攻撃でもサークルには届いても、シュートを打たせてもらえない。すると、このQも残り1分のところ。左攻めをしてきた相手のパスがつながり、ゴール前でうまくタッチを合わせられて先制点を献上する。

△FB和田
△ FB甲斐
△ FB水川
△FW粕渕正真主将(人4)
△FB森優吉(商2)
△MF紀野来音(人3)

続く第2Qは猛攻撃を受けることに。開始3分でPCを与えると、センターからの力強いプッシュを放たれて追加点。GK平山雄大(情4)が好セーブを見せるも、次から次へとシュートを打たれてさらに2点を追加され、0-4とされる。このQ終盤には甲斐からのパスがMF森川瑤(人3)に渡り、リバースヒットでゴールを狙うが、GKに止められて反撃を開始することができない。

△ GK平山
△ MF森川
△MF多田周平(商4)
△FW丸目敢南(文3)
△FW山本一樹(情2)

関大ボールで始まった第3Qでも、守備の時間が長くなる。サークルに入られるも、MF杉本逸綺(商3)がクリアするなど耐え続けるが、3分にはこの日4つ目のPCを迎える。しかし、GK若生知嵩(化生4)が果敢に相手に詰め寄った隙に入れられ5点目。さらに6分と10分にもゴールを決められ、点差は7に開いた。関大の攻撃はパスが通っても相手DFの壁を突破することができず、サークルに近づかせてもらえない。

△ MF杉本
△ GK若生
△FW吉田有我(法2)

迎えた最終Q。開始3分でのPCはGK平山が一度は止めたものの、こぼれ球を押し込まれてゴール。さらにその2分後にも追加点を許し、0-9となった。その後もディフェンス陣が粘ってそれ以上の失点は許さない。だが、攻撃にはつなげることができずに試合終了となった。

△FB田中溫人(商4)
△FW中川光(経1)
△FB釘崎響(外3)
△FW竹谷友吾(経4)

強豪校の力を見せつけられた開幕戦。次戦は昨秋3位の朝日大との対戦となる。目標を達成すべく、チーム全員で勝利をつかむ。【文/写真:上田紫央里】

▼粕渕主将

「(今日を振り返って)1Q目は結構いい感じで強度高く入れたんですけど、2Q目から体力がなくなってきて崩れてしまって、相手に差を見せつけられた感じです。(リーグ戦に向けて取り組んできたこと)連携面であったり、パスの精度、いかにしてボールを奪うかというのを取り組んできました。(チームの雰囲気について)和気あいあいと、いい意味での元気な明るい感じでできていて、今日はなかなかいつものような元気さはなかったですけど、それでも今年のチームは元気がいいなと思います。(試合内容について)スタートは最初5分間くらいは強度高く保っていこうという話はしていたので、それが継続できたらよかったんですけど、体力面もなかなか厳しくて、選手交代とかもうまくいかなくて、第1Qでは1失点してしまったんですけど、目標は達成できたと思います。良かった点は第1Qのプレスとか強度の保ち方とかはとても良かったので、それを試合後半までどうやってつなげていくかっていうのが課題です。(次戦に向けての意気込み)次は朝日大学さんと戦うんですけど、今日9失点してしまったので、失点を抑えるのと、なかなか得点を生み出すことができていないので、春季リーグ初得点を奪えるように頑張りたいです」

Share this content:

コメントを送信