いまロード中
×

まさかの敗北。勝ち点落とす

まさかの敗北。勝ち点落とす

◇令和4年度関西学生春季リーグ戦第1節◇対京大3回戦◇4月4日◇わかさスタジアム京都◇

関   大  000 000 110=2

京   大  010 200 01X=4

(関)鷲尾、清水、金丸、辰己-有馬

(京)愛澤、徳田、水江-水野、愛澤

1(左)岑

2(遊)佐藤

3(一)上神

4(三)口分田

5(捕)有馬

6(二)村田

7(中)柳本

8(右)三杉

9(投)鷲尾

1勝1敗で迎えた今試合。勝ち点をつかみたかったが、まさかの敗北。大事な開幕節は黒星となった。

中1日での登板となった先発・鷲尾昂哉(経4)は、初回から制球が定まらない。三塁打と四球で2死一、三塁のピンチを招くが、何とか切り抜け無失点に抑える。

△鷲尾

打線が沈黙を続ける中、2回にまたしてもピンチを迎える。三振を奪い2死となるが、そこから2本の二塁打を浴び、先制点を献上してしまう。

4回表、2死から有馬諒(商3)が右二塁打で塁に出ると、続く村田明日杜(法3)がフルカウントから四球を選び、一、二塁のチャンスをつくる。しかし、柳本直輝(人3)の打った球は三ゴロとなり、点差を縮めることができない。

△有馬
△村田
△柳本

さらに裏、鷲尾が先頭打者に3連続でボール判定を受けると、清水一希(経4)に交代。しかし、四球と安打で無死二、三塁となる。そこからさらに走者一掃されて0-3とされる。次にマウンドに上がった金丸夢斗(文2)は、走者を出しながらも更なる失点は許さない。

△清水
△金丸

5回、金丸が敵失で出塁すると、代打・石原水輝(情4)が四球で2死一、二塁のチャンス。上神雄三主将(法4)が2球目を捉えるが、惜しくも得点には至らない。

△石原
△上神

次に試合が動いたのは終盤の7回。代打・小河英一郎(商4)がフルカウントから四球で出塁する。さらに、三ゴロで入れ替わって塁に出た富山雄正(情2)の代走・森田聖士(社3)が、牽制悪送球の間に三塁まで到達。すると、岑幸之祐(社3)が右適時打で1点を取り返す。

△小河
△富山
△森田
△岑

8回には、上神が中二塁打でチャンスを作ると、口分田楓太(人4)に二ゴロが進塁打となり、走者を三塁に置く。さらに有馬が右適時打で1点差まで詰め寄る。しかし、同点に追いつくことはできず。

△口分田

しかしその裏、この回から投げる辰己晴野(人4)が連続安打でピンチ。バントでの進塁は阻止するものの、その後二塁走者に盗塁を許す。次の打者をゴロに打ち取るも、その間に三塁走者が生還。またしても点差を離される。

△辰己

そして最終回。先頭の森田が打席に立つと、2球目をセンター前に運び、初打席初安打を記録する。その後、代打・黒岩瑞己(法3)と岑がゴロに倒れるも、走者は三塁まで。しかし、代走から入っていた髙田幸汰(商3)が空振り三振となりゲームセット。敗北を喫した。

△黒岩
△髙田幸

打線がつながりきらなかったこの3戦。京大に勝ち点を許したのは82年秋以来。負け越しスタートなった関大野球部は、次節・近大戦で悔しさを晴らしてくれるだろう。【文:上田紫央里/写真:石井咲羽、上田紫央里】

▼鷲尾
「どうにかチームに流れを持ってこようと、良いピッチングをしたいという感じだったんですけど、そこが裏目に出て思い通りにならなかったです。緊張はなかったんですけど、体をうまく操れなかったです。(オープン戦から)何か気持ちの変化はそんなになかったんですけど、やっぱりちょっと初戦のピッチングが悪いって思ってしまって、何でこんなところがちょっとダメだったのか、ちょっと考えすぎているところもあったと思います。(4回の降板)今日全体的に球がいってなくてホームもばらばらだったんで、(交代の指示をだした)有馬の判断は良かったのかなと思います。ホームがオープン戦のときと結構違うので、もう一回見直して、キャッチボールからしっかり意識して短い期間ですけど、修正していいピッチングをしたいと思います。まだ僕ら全勝してどうにかして神宮への希望をつなぎたいと思います」

Share this content:

コメントを送信