いまロード中
×

前日の悔しさ晴らし勝利!勝負の行方は3回戦へ

前日の悔しさ晴らし勝利!勝負の行方は3回戦へ

◇令和4年度関西学生春季リーグ戦第1節◇対京大2回戦◇4月3日◇わかさスタジアム京都◇

京 大 100 010 000=2
関 大 030 010 00X=4

(関)定本、清水、辰己-有馬
(京)牧野、染川、青木健、西宇-愛澤

1(左)岑
2(遊)佐藤
3(一)上神
4(三)口分田
5(捕)有馬
6(中)柳本
7(二)村田
8(右)三杉
9(投)定本

初戦黒星となった関大。勝ち点のために負けられない戦いは、序盤にリードし、後半も守りきって見事勝利。第3戦への望みをつないだ。

先攻の関大、マウンドにあがったのはエース・定本拓真(文4)。初回は2死までテンポのいい投球を見せるが、四球から適時打を浴び、いきなり1点を許す。

△定本

リードされている状態で迎えた2回、関大の打線がつながる。先頭打者の有馬諒(商3)が安打で出塁すると、村田明日杜(法3)が敵失を誘い、同点に追いつく。

△有馬
△村田

さらに、定本が適時三塁打で自ら援護。続く岑幸之祐(社3)も左安打で3-1とする。

△岑

一方の定本は、走者を出しながらもスコアボードに0を並べる。しかし、5回には無死一、二塁のピンチで無念の降板。代わりに清水一希(経4)が登板する。犠飛で1点を失うものの、三振で締めて雄叫びを上げた。

△清水

1点差に追い詰められた関大はその裏、岑が右方向へボールを運ぶと、ヘッドスライディングで二塁まで到達する。続く佐藤慶志朗(経2)がバントを決めると、上神雄三主将(法4)が適時打を放ち、さらに1点追加。2点リードで試合を折り返す。

△佐藤
△上神主将

7回からは辰己晴野(人4)が京大打線に立ち向かう。得点圏まで走者を許すも0点に抑え、2-4で最終回を迎える。四球を与えるも、最後はゴロに打ち取り試合終了。見事に勝利を飾った。

△辰己

1勝1敗のため、勝負の行方は3回戦へ。今日の勝利を無駄にしないため、3回戦も必ず勝利を手にする。【文:上田紫央里/写真:牧野文音、荒川拓輝、上田紫央里】

Share this content:

コメントを送信